FC2ブログ

タイトル画像

室町幕府

2018.03.28(07:00) 137

**鎌倉府

  この当時の鎌倉府の主である足利義詮(yosiakira)はもちろん、高師冬(morofuyu)、上杉憲顕(noriaki)ら中心人物の発給した文書が殆ど残されていないのである。  その為、鎌倉府なる統治機関は存在しなかったとの指摘もある。
  本当に「鎌倉府」 は無かったのであろうか・・・・・・。  それについては否定的に考えられている。  鎌倉・円覚寺に残される「円覚寺文書」の奥書きに残される次のような文書がある。  

**当寺奉行能州(nousixyuu)、同執事奉行矢多田弾正入道共に、両管領(kanrei)に伺い申す、もっとも子細あるべからずの由、との制札(中略)1通の制札を、更に控えを1通なさる処なり。

  注目すべきはここに「両管領に伺い申す」 とある事である。  この両管領とは鎌倉府管領の高師冬と上杉憲顕と推測されている。 「両管領」 という語句は他にも見られる。   金沢文庫・文書(書状)の中に近隣諸国の争乱を侍所に状況報告した中に「管領」 の文言が見えている。

  これらから、鎌倉には管領という職務を持った者が存在し、侍所という組織があった事が判る。   鎌倉に足利義詮を戴き、管領や侍所というような組織を持った権力機構が存在していた事は間違いの無い所でしょう。

関東も奥羽も二人の管領を中心とする軍事・行政機構が成立したのであるが、この両管領による権力機構は安定的に機能しなかった。  中央(京都)の権力闘争の余波を受けて両管領制は機能しなくなっていくのである。

*尊氏・師直と直義の対立

  中央の権力闘争。  いわゆる、直義と高師直(moronao)の対立、やがては直義と尊氏の抗争に発展し、ついには幕府は分裂して二頭政治が崩壊していった事である。   この過程の概略をレポートすると次のような経過である。
直義・祖父足利家時墓所  (鎌倉・報国寺) 臨済宗建長寺派 
DSCN2912.jpg
直義・父足利貞氏墓所  (鎌倉・浄妙寺)  臨済宗建長寺派
足利貞氏墓
足利直義墓所  (鎌倉・浄妙寺)   臨済宗建長寺派 
足利直義墓
対立の要因は、政治方針の対立と党派闘争であったが、高師直(moronao)の幕府軍と南朝軍とが京都・四条畷で激しい戦闘を展開、幕府軍が勝利した事から師直と直義の抗争が始まった。   という事は、この事によって師直の声望が一挙に上がったと言われるからだ。  それに対し直義が先制攻撃をかけて、将軍執事・師直の罷免を勝ち取り逆転したのだ。

 しかし、師直はクーデターを起こして、直義を地位から追い落し、鎌倉から足利義詮を呼び寄せて、政務の責任者の地位に義詮をつけ、鎌倉には尊氏の次男基氏(motouji)を下したのである。   そして再び師直は執事の地位に返り咲いた。  直義と尊氏の関係もさらに険悪化してしまったのだ。  

ここに至ってはもはや関係は修復不可能な事態となっていった。   直義は京都を脱出、尊氏・師直を討つために挙兵した。
そして直義の陣営には多くの武将が参戦し、優勢のうちに戦いを進め、高師直一族は帰郷の途中に殺害されて滅亡した。

一方、尊氏と直義は一旦は和睦したようだが、直義派が優勢で、いよいよ尊氏と直義はの幕府主導権を巡っての死闘となっていくのである。

*運慶・小辞典

〇・・・・・慶派(奈良仏師)・・正系仏師・定朝(jiyoutiyou)の流れにつながる直系子孫。
           
      定朝─覚助─頼助─康助─康朝─康慶(法橋)(父)─運慶
           
      兄弟弟子・・快慶・定覚・定慶

      弟子及び子供達・・・源慶・静慶・運覚・・・・・湛慶・康雲・康弁・康勝・運賀・運助          


次回へ

平成30年戊戌・丙辰・己未



スポンサーサイト




鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

室町幕府

2018.03.24(07:00) 136

**鎌倉府

   「鎌倉将軍府」 の初期の時代には、主たる義詮の命令に従うという形態にはなっていなかったようだ。  此の事からまだ鎌倉府は完全には確立されていなかった事を示しています。
 家長が尊氏の命を奉じているという事は、家長は尊氏の東国での執事たる地位にあった事を示すのである。  奥州大将軍に関東大将軍を兼務した地位にあり、東国・奥羽の最高・軍事指揮権とそれに伴う政務の権限を握っていたといえよう。  

しかし、建武四年(1337)頃になると「将軍家」 という表現が見えない御教書に変化してゆく。  この変化は断定的には言えないが、政治組織としての鎌倉府が徐々に整備されてきたのではないだろうか。 つまり、義詮の意向が反映しつつあったと考えられる。

東国にはまだ制度・組織、権限・範囲、指令系統など確立した機関が存在しておらず、まして動乱の最中であり、鎌倉府は政治・行政組織ととして確立してはいませんでした。  
だが鎌倉に足利方の支配組織・権力機構が確立し始めていた事も確かな事である。

  その様ななか、鎌倉の守将・斯波家長が奥州軍との激戦の最中戦死してしまった。 鎌倉の義詮はかろうじて三浦半島に逃れていた。
東国の足利軍は蹴散らされて守将が戦死した事により、家長に代って足利軍の司令塔となる武将が必要となった。 その役割を担ったのが上杉憲顕(noriaki)と高重茂(sigemoti)の二人であった。

足利尊氏は中先代(nakasandai)の乱を鎮定した後、上野の守護として、信頼のおける伯父(母清子の兄)の上杉憲房(norifusa)を任命した。 しかし、すぐに戦死したらしい・・・、その後、子の憲顕(noriaki)に引き継がれた。  また高重茂(sigemoti)は高師直(moronao)の弟であり、武蔵国守護の活動が見られる。
斯波家長戦死後の東国を抑えられるのはこの二人しかいなかった。

奥羽軍に追われて三浦半島に匿われていた義詮は鎌倉に帰還していた。  先に鎌倉入りしていた憲顕・重茂らと共に鎌倉府の再興を図るのである。

  常陸合戦が鎌倉方の勝利に終わると、関東はしばらく平穏期の入ったようだ。 関東から南朝勢力は一掃され、北関東の有力豪族の不穏な動きも収まり、関東が平穏な情況になると鎌倉府の動きがあまり見えなくなった。
観応の擾乱までの鎌倉府の動向を示す史料がきわめて少ないのである。

次回へ


*運慶小辞典

 〇・・・・・・運慶は、平安中期に藤原道長(mitinaga)が建立した法成寺(houjiyouji)の造仏をはじめ、貴族・朝廷からの注文を多く引き受け、日本的仏像の典型様式=定朝様(jiyoutiyouyou)を完成した定朝の系譜を引く。  
 〇・・・・・・定朝の系譜がさらに三派に流派。  奈良仏師(慶派)・円派・院派と分流。  血筋的には奈良仏師が正統ながら流派してはあまり振るわず、白河院・鳥羽院の時代には円派が、後鳥羽院の頃は院派が優勢でした。

平成30年戊戌・丙辰・乙卯

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

室町期へ

2018.03.20(07:00) 135

**鎌倉府

  後醍醐軍との覇権争いの為、尊氏・直義の兄弟は上洛したが、東国・鎌倉に尊氏の三男義詮(yosiakira)が東国の主として残された。
しかし、実質上東国を任されたのは斯波家長(ienaga)であった。   建武政権との戦いに勝利するために尊氏は家長を陸奥守兼奥州大将軍に任じたのである。
畿内に攻め込んだ後、その背後を突かれないために彼を東国に留め置いたと思われる。  たとえ奥羽の大軍が上洛しようとしても、奥羽において北畠顕家(akiie)らを牽制する事になり、さらに鎌倉周辺に防衛線を敷き、奥羽軍を食い止めるか、疲弊させようとしたのである。  しかし、現実には、尊氏の目論見は外れ、上洛した奥羽軍に尊氏軍は九州まで追い込まれたのである。

斯波家長は足利一門であり、家格は高く、本宗家と同格とされる名門で、尊氏の信頼も厚かった。  しかも彼は足利氏の中でも数少ない奥羽情勢に詳しい人物であった。  それゆえ、尊氏は家長を陸奥の新国司、奥羽の最高軍事指揮官としたのだ。

  畿内の後醍醐軍の苦戦を知って、鎮守府将軍・北畠顕家は奥羽の大軍を率いて上洛し始めた。  奥羽の名だたる武将の多くが従った。  この顕家軍を背後から脅かしたのが斯波家長率いる足利軍であった。   顕家軍は鎌倉に残留する足利方を破って、上洛していったのであるが、家長軍は鎌倉に留まり、東国に腰を据え、東国を足利の後ろ盾にしようとし、足利義詮(尊氏・三男)を擁立して東国・奥羽の経営にあたろうとした。

ここから鎌倉府が始まるのである。  斯波家長は初代の鎌倉府執事とされている。
  当時、家長によって発給された文書等を整理すると、その権限はかなり広範にわたっていた様だ。 動乱の混乱期でもあり、いわゆる鎌倉府という政治組織も確立していなかった事もあって、その権限は軍事指揮権が中心であるが、所領安堵の推挙などの統治権にも関わっていた。

  さらに、陸奥守として奥州に関与しただけでなく、常陸・相模・下総・甲斐などの関東にも権限を及ぼしており、その様な事で、初代の鎌倉府執事とみなされていた様だ。

  このような職権から、後の鎌倉府が行ったようにこの地域を完全に掌握し、中央の介入を許さなかったかと言えば必ずしもそうではない。  軍事指揮権は尊氏・直義も持っており、しばしば命令を発している、また東国各国の守護に対しても統治に関して、中央から直接命令を発している。

**鎌倉・薬師堂   永福寺の三堂基壇再建
DSCN3700.jpg
永福寺再建C・G
DSCN3333.jpg

*永福寺(youfukuji)・・・・・・・(鎌倉・薬師堂)
  源頼朝が奥州・藤原氏との戦いで戦死した双方の武士たちを弔うために建立されたという薬師三堂・・・・・平泉・毛越寺・・・宇治・平等院がモデルとされる。
実は、最近の研究からこの永福寺に大仏師・運慶造像の諸佛の存在が明らかになってきました。  詳細は次回以降に・・・・

次回へ

平成30年戊戌・丙辰・辛亥

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

室町期へ

2018.03.16(07:00) 134

**二つの要素を持つ将軍権力

  初期の室町幕府における足利尊氏と直義兄弟の関係は良好で、将軍権力を分掌していた。 いわゆる二頭政治が展開されていました。
二人の権限を分析してみると、尊氏は軍事力のリーダーであり、京都では侍所を統括、地方では各国の守護を通じて武士を従属させ、全国の武士の主人、武家の棟梁として君臨していた。
全国の武士といった時に、かつての御家人に止まらずに、新興の非御家人勢力をも取り込んだ点が新しいと言われる。

武士たちに合戦への参加を命じ、命がけの働きに対する恩賞として領地を与える。  頼朝以来の「本領安堵」と「新恩給与」の権限を行使したのです。

一方で、直義は行政のリーダーでした。  鎌倉幕府以来の政治機構である評定衆や引付衆をまとめ上げ、政治や裁判を施行していました。 税収の管理も彼の仕事でした。  先にもレポートしましたが、彼の主張するところは、武士は鎌倉に戻り武家による政権を再生する事に有りましたので、朝廷勢力とは迂闊に関わりたくはないと云う考え方が直義の立場でありました。

しかし、現実はその様にはならなかった、その朝廷や荘園本所との交渉も直義の職務に分類され、兄の付託に従い誠実に天皇及び貴族などとの折衝に当りました。 その結果、直義の姿勢は伝統勢力からも好感を持って迎えられていたと言う。

以上、二人の権限分割を簡単に観てきましたが、将軍権力は次の二つの要素から成り立っています。  まずは、「主従制的支配権」です。
全国の武士と主従の関係を結ぶ、領地を「御恩」 として与え、戦場での働きに代表される「奉公」を求める。  奉公は、非常時には戦闘への参加という形をとるが、通常時は将軍や天皇の警護が主である。  さらに現在の警察機能などを担う、治安の維持なども求められた。

一方は「統治権的支配権」 と言われ、時局に対応する法を作成し、人々に示し、税収の基本を定め徴収。  適正な運用を試みる。  御家人・貴族・寺社勢力等の利害関係の調整を計り、公平な裁判を実施する。   全国の武士のみならず、民衆までを視野に入れその生活を守ろうとした。

以上、日本の将軍権力は主従的支配権と統治権的支配権から構成されるもので、鎌倉期から江戸期に至る700年間に渡って、日本国の武士の世を支える事になる。
足利尊氏との戦いに敗れ鎌倉にて斬殺された大塔宮護良親王・御陵(宮内庁)
DSCN3673.jpg
DSCN3677.jpg
DSCN3680.jpg
DSCN3679.jpg
明治天皇の命によって造営された大塔宮(鎌倉宮)を見下ろす位置に御陵はある

次回へ

平成30年戊戌・丙辰・丁未

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

室町期へ

2018.03.12(07:00) 133

 **鎌倉か京都か?・・・・・・ 

  後醍醐天皇の派遣した討伐軍を箱根で破った足利尊氏(takauji)は新しい武士の基盤をどこの置くか検討していた。
尊氏の実弟で足利軍の副将の地位にある直義(tadayosi)は、有能な軍政官として知られており、鎌倉幕府の再興を念願していたという。  この時も京都進出には反対だったようだ・・・・・・・。
自分たち武士の基盤は東国であって、西の朝廷とは一線を画するべきと、前代の鎌倉と京都の関係を復元する様にと主張した。  ところが、事態はその様には進展しなかった。
後醍醐天皇の皇子・護良親王墓所  (鎌倉・大町 妙法寺)
盛長親王
足利尊氏の下した決断は京都進軍であった。   足利勢は全軍を挙げて、京を目指したのです。  副将である直義の意見は採用されなかったのです。 
足利尊氏・直義の父、貞氏の墓所  (鎌倉・浄妙寺)
足利貞氏墓
では何故尊氏は、頼朝のとった鎌倉ではなく京都への道を選択したのでしょうか?・・・・
現在残されている史料等からは良くわかっていないが、尊氏の狙いは京都の経済力であったと考えられています。

鎌倉後期のある皇室領の収支決算資料によれば、四十余ヵ国の所領が上納する年貢高は、合計で5000貫に達している。  一貫が10万円として、およそ5億円ほどと云われる。   
当時皇統は二つに分かれており、この内の大覚寺統(後醍醐天皇の系統で南朝に属す)の主要財源である八条院領が220ヵ所、持明院統領(北朝・現在の皇統)の長講堂領は180ヵ所と言われていますので、この皇室領を基準にすると、天皇家の豊かさを窺い知ることが出来る。
さらに貴族や大社寺など多くの荘園領主が居住する京都には膨大な額の銭及び物品が集積されていたと思われます。

京都への進軍を決定した足利軍は、一旦は朝廷軍に敗れて九州まで落ち延びるが、軍勢の立て直しに成功し、勢いを回復して再入京した。
建武三年(1336)足利尊氏の奉じる持明院統の光明天皇が即位(北朝)し、新しい幕府が成立し、比叡山に立て籠もる後醍醐天皇は一旦は降伏するが再度、吉野に移り正当な皇統であることを宣言し、北朝と幕府の打倒を全国に呼びかけた。
以後、60年間に渡って天皇家が分裂する。  南北朝の時代が始まったのです。


*南北朝の争乱

  争乱と言っても、両者がまともに戦ったのは数年の事で、組織的な戦闘は終わり、各地で局地的な小競り合いが継続していた。
この時代には天皇の人格を尊ばない、更には疎かにする行動がしばしば見受けられたようです。    高師直(moronao)は「バサラ大名」として有名だった。   豪華な衣装を身に着け、王朝の風とは異なる美意識を誇示するのが「バサラ」です。
この時代を代表する価値観でしたが、それは伝統的な権威を維持する天皇家に対する挑戦を意味したのではあるまいか・・・・・・。 さらに言へば、この時代天皇家の権威が最も低下した時代とも言えます。   

次回へ

平成30年戊戌・丙申・癸卯

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

幕府滅亡

2018.03.08(07:00) 132

**その後の北条氏

:**鎌倉奪還

  鎌倉に進軍した北条軍は大きな反撃もなく鎌倉に入った。  守備兵のいない鎌倉侵入は挙兵から10日後の事だった。
先祖相伝の故地鎌倉を奪還した北条時行(高時・次男)がこの時に発した命令書が残されている。  

*頼朝法華堂領の林郷大多和村(横須賀市・大田和) での違乱を正したもの。

  それには正慶四年の年号が用いられ、亡父高時の頃の年号を使っていた事が注目され、文書様式も代々の得宗が用いた得宗家公文所奉書の様式が使われた。  時行の心情が覗われる。

しかし時行の鎌倉占領も、長くはなかった。    京都からの足利尊氏の軍勢が下ってきたのである。  以下、七回の迎撃戦にすべて敗れている。    駿河・・・高橋・國府・清見関、相模・・・湯本・相模川・辻堂・片瀬である。

諏訪頼重・時継父子など主だった武将たちは勝長寿院(大御堂)で自害している。
源頼朝・父義朝供養の為に建立した勝長寿院跡  (鎌倉・大御堂)

勝長寿院石塔

その中に、北条時行の遺骸は無かった。  再挙を記して、信濃に落ちた様だ。  「中先代の乱」 の終焉である。
鎌倉幕府を先代、室町幕府を当代と見るとき、その中間の時行は中先代、鎌倉占領が二十日間ほどでであったので「二十日先代の乱」とも呼ばれる。 
この戦いは、南北朝内乱の契機となったと思われ、時行は一族の復仇と北条家再興とを目指して戦い続けた。   先に鎌倉に攻め入った新田義貞(yosisada)ではなく、京都で北条氏に叛いた足利尊氏を敵とした事は、注目される。

延元二年(1337)、足利氏を共通の敵とするという事で、時行の南朝帰順が後醍醐天皇に認められた。  北条時行軍は、南朝方になったのである。
 奥州を発した北畠顕家軍(akiie)が鎌倉を占領した時、時行軍はその一翼を担っていた。 伊勢国大湊を出撃して関東に向かった南朝方の船団には時行軍も乗り組んでいた、信濃国・大徳王寺城で、時行軍は挙兵したという。
しかし、何れも失敗した記録が残される。  南朝方に風は吹かなかったのである。  
  だが時行は、執拗なまでに粘り強かった。 合戦に敗れても、自刃する事無く戦場を離脱しても、すぐに軍を再興して反撃に転じたという・・・・・・。

  観応元年(1350)、好機が訪れた。   足利尊氏・直義兄弟が対立したのである、足利勢が二つに割れてしまう、「観応の擾乱」(kannnouno・jiyouran)である。
足利直義・墓地  (鎌倉・浄妙寺)
足利直義墓

  機をとらえたのは、南軍の総師・北畠親房(tikafusa)である。京都と鎌倉の同寺奪還を、図ったのである。   指令を受けた新田義宗(yosimune)・美興(yosioki)兄弟は上野国で挙兵、伊豆国では北条時行も挙兵した。  東国南軍の激発を目前にして、鎌倉に駐留していた足利尊氏は、鎌倉を捨てて逃亡している。
守備軍の居ない鎌倉は簡単に奪還された、いずれにしても北条時行は、二度目の鎌倉奪還を果たした。

同じころ、北畠顕能(akitada)、楠木正儀(masayosi)の南軍も、京都に乱入し占領している。   京都・鎌倉の同時奪還作戦は、見事に成功している。   光厳・光明・崇光の持明院統の三上皇は捕えられ、一旦は両皇統は一流となった。   南朝の年号によって「正平ノ一統」 と言われた。

しかし、足利尊氏の足利勢は大軍を集め反撃に出た、その兵数の差は歴然としており、まず尊氏が鎌倉を再奪還、そして京都は足利義詮(yosiakira)・(尊氏嫡男)によって制圧された。   
鎌倉で敗れた時行はまたも地下に潜したが、結局足利勢に捕えられ鎌倉・龍ノ口にて斬殺された。    ここに鎌倉北条・得宗家は、断絶した。  

(終り)

戊戌・丙辰・己亥

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


鎌倉北条氏 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

幕府滅亡

2018.03.04(07:00) 131

**その後の北条氏

  鎌倉幕府が倒れて、後醍醐天皇の親政が再開された。   
 天皇の意欲的な政治は世人の期待に応えるかに見えたが・・・・・・・・。
しかし天皇は、寵妃阿野簾子の口入に従い、有効な政策を打ち出せないまま、護良(moriyosi)親王と足利尊氏(takauji)とが対立してしまった。さらに楠木、新田等の武将たちが右往左往する事態に陥っていた・・・・・。

京都では喧嘩・口論・斬り合いが頻発して、治安が極端に悪くなっていたようだ。 また旧得宗領や北条一門領だったところでは、一気に訴訟が起こっていた。

**北条氏与党の乱

  陸奥国津軽の曽我氏、豊前国帆柱城の規矩流・北条高政(takamasa)、豊前国堀口城の糸田流・北条貞義(sadayosi)、伊予国烏帽子城の赤橋流・北条重時(sigetoki)、出羽国小鹿島と秋田城、越後国岩船、讃岐国等で挙兵している。
  なかでも建武元年(1334)3月、武蔵国で挙兵した本間・渋谷両氏の軍は、一度は故地鎌倉に進軍・突入している。
  しかし、諸国で頻発した北条与党の乱は、重要な条件を欠いていた。  相互の連絡と、それらを統率する戦略である。 特に必要だったのは、諸軍をまとめるリーダーだった。  それらの重要な条件を欠いた諸国の北条与党の乱は、散発的だった事もあって、いずれも撃破されている。

刑部少輔時興(tokioki)と名乗る武将が京都の山荘に匿われていた。   北条高時の弟・泰家(yasuie)である。
 幕府が滅んだ当日、再挙を期した泰家は、高時の両息万寿丸と亀寿丸とを家臣に託して落ち延びさせ、自分も姿を変え逃げ落ちていた。  元関東申次だった西園寺公宗(kinmune)に匿われていたのである。
その間、泰家は高時の二遺児の消息は聞き知っていた。  高時の長男・万寿丸邦時(kunitoki)は信頼して預けた五大院宗繁(munesige)に裏切られ、新田義貞によって殺害されている。
 しかし、次男亀寿丸は、諏訪盛高(moritaka)に護られて鎌倉を脱出し、信濃に逃げ延び、諏訪神社を中心として信濃の御内人たちが結成している諏訪神党に匿われていた。 その地で元服した亀寿丸は相模次郎北条時行(tokiyuki)と名乗っていた。

**北条時幸の挙兵

  諏訪に潜伏していた北条時行が南信の府中を急襲した。  この時、諏訪頼重(yorisige)を事実上の大将とした北条軍は、いとも簡単に国衙を占領してしまった。   新任の清原左近少将を初陣の血祭りに上げると、背後の守護勢に備え滋野一族の軍を残し、上野国へと軍を進めた。

  各地に潜伏していた北条与党の侍達が、風を臨んで馳せ参じてきた。
三浦時継(tokitugu)・芦名盛貞(morisada)らの三浦党、上野の那和宗政(munemasa)、武蔵の清久・塩谷等の他、伊豆・駿河・相模・甲斐・信濃など、「太平記」 等では五万騎を超える大軍になったと記される。

  鎌倉を守っていた足利直義(tadayosi)軍は久米川(東村山市)で迎撃したが、簡単に撃破されてしまった。  敗戦に驚いた足利直義は、自ら軍を率いて迎撃に出たが、これも簡単に撃破されてしまった。  北条軍の鎌倉侵入を許してしまい、鎌倉を捨て京都に向かった。

*足利直義・・・・足利尊氏の実弟。   淵辺義博(yosihiro)に命じて大塔宮護良親王(moriyosi)を殺害したのは、この時である
護良親王を祀る大塔宮(鎌倉宮)   (鎌倉・二階堂)
鎌倉宮
鎌倉宮・本殿
大塔宮護良親王御陵(宮内庁管理) (鎌倉・二階堂)
護良親王墓・宮内庁

次回へ

戊戌・丙申・乙未

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


鎌倉北条氏 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2018年03月
  1. 室町幕府(03/28)
  2. 室町幕府(03/24)
  3. 室町期へ(03/20)
  4. 室町期へ(03/16)
  5. 室町期へ(03/12)
  6. 幕府滅亡(03/08)
  7. 幕府滅亡(03/04)