FC2ブログ

タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.30(07:00) 224

**三浦一族

**北条氏台頭

   頼朝亡き後の三浦氏と北条氏の間柄の変化、また三浦氏一族内部の惣領家と庶子家との対立などが表面化してきた。  北条氏は頼朝の死により絶対的な調停者を失うことになり、幕府内での地位を保つためには、頼朝以後も鎌倉殿(将軍)を自家薬籠中の物ににしておくこと、および何らかの地域支配の基盤を持つ事が攻略の基本になったと思われる。

   すなわち地域支配を獲得するには、現にその地域を支配している者を取り込むか、排除するしかない。  北条氏が末代まで重要な支配基盤としたのは相模と武蔵の二国であるが、相模については当面三浦介惣領家との同盟、武蔵については有力御家人比企・畠山両氏の排除と武蔵守平賀朝雅(tomomasa)の取り込みを図り、結局、後に排除して時政の子時房(tokifusa)が武蔵守に就いた事で事実上の国守となっている。
  という事から北条氏の台頭を見てきたが、次に北条氏による他の有力武士の排除の過程と三浦氏の関与についてレポートします。

   まずは正治元年(1199)、一族郎従の敗死をもぅて終わる梶原景時追放事件。  次に建仁二年(1203)の比企能員の謀殺事件を取り上げる。
  この年九月に病に倒れた頼家に、妻の父能員が北条時政追討を進言した。 頼家は病床に能員を呼び、追討の件を話し合ったが、隣室にいた北条政子にこの密議を聞かれ、父時政に通報されたという、有名な話となる。

   時政は自邸のある名越に帰る途中この報を聞き、直ちに広元亭(大江)に向かい、二人は善後策を評議したが、最終的に広元は時政に措置を一任した。  そこで時政は仏事ありと称して能員を自亭に招き、油断を見澄まし、天野遠景(tookage)と仁田忠常(tadatune)の二人に能員を殺害させたのである。
  同時に政子の命で義時以下の軍兵が能員亭を襲撃、頼家の子一幡(itiban)や能員の嫡男らを亡き者にしている。

   この事件は数日で京都にも伝わり、将軍・頼家と子の一幡が北条時政によって討たれたと伝わった。  
  頼家死去は誤報としても、一幡が時政に討たれたとあるのは、本質を伝えたものとして興味深い。  また慈円の「愚管抄」 には、当時頼家は広元亭で療養していたと書かれているが、これが事実とすれば「吾妻鑑」の様に、頼家と能員の密談を政子が聞いたという不自然な設定をしなくとも、広元がそれを聞きつけて時政に知らせ、両者は即座に会談したという筋になり、その後の二人の緊密な関係から見ても説得力のある展開と言える。

   さて、この事件に関して三浦一族はどの様に関わったのであろうか。  目立つ動きとしては、義村と義盛(和田)・常盛親子らが、能員亭に派遣された軍兵の中に加わった事と、事件後、姻戚と思われた能員を救援する行動は一切取っていない。
  一族の長義澄と長老義実が相次いで死去している三浦氏にとって、ここは慎重な行動が一番であった。 終始時政・政子の主導に従っている。

  こうして時政は、広元・義盛らの支持を取付けた上で、武蔵を本拠とする能員を滅ぼし、次期鎌倉殿の地位をもう一人の外孫(千幡)実朝に充てる事に成功したのである。

頼家一子・一幡袖塚 (鎌倉・妙本寺)
一幡君・袖塚
宿老比企能員一族墓所 (鎌倉・妙本寺)
比企一族・墓所
幕府宿老・比企能員邸跡石塔 (鎌倉・妙本寺)
比企能員邸跡・石塔


次回へ

平成31年乙亥・己巳・丁酉
スポンサーサイト




鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.25(07:00) 223

**三浦一族

   調停者を失った幕府首脳の三者(宿老・吏僚・後見)はその妥協点として見いだされた評議の慣行を制度化する事によって均衡を図ろうとしたと思われるが、その際主導的に動いたのは最も深刻な危機感をもった北条氏であった。  北条氏が幕府内で高い地位を取り得たのは、頼朝の妻政子の実家であり、かれの後見であったという事に尽きるのであって、武士としては三浦氏のような宿老御家人とは桁違いに見劣りがするし、何よりもよって立つ基盤(地域)が無かったのである。

   後に北条一族が、武蔵国と相模国の支配を重視するようなる理由も、彼ら自身が地域支配という面で弱点があると自覚していたからに他ならない。

   さて十三人「談合」衆の構成に戻ろう、十三人のうち三浦一族が、義澄・義盛の二人と姻戚と思われる比企能員であり、当初は北条氏と拮抗していたが、正治二年(1200)に義澄が死去し、建仁三年(1203)に比企能員が北条氏により謀殺されてしまうので、結局三浦氏は幕府政治の合議態勢から早めに脱落してしまうのである。

   十三人による「談合」と言っても頼家の裁断権をすべて奪ったわけではないと点、少なくとも頼家はその様に理解していなかったと思われる。  いま頼家は理非の面を十三人の幹部に権限移譲させられたものの、安堵の面については依然として直断を行う権限を行使しようとしたのである。

   「十三人合議制」とは言っても「談合」衆が一堂に会して評議をしたわけではない訳で、そもそもメンバーの中には、当初から評議に加わらない在京中の親能がいたし、最高齢の義澄は既に死亡していた。  また、梶原景時も鎌倉から京に向かう途中誅殺され、安達盛長も同年に死去、更に能員も謀殺されるという事で、頼家の代ですでに「談合」衆は多くても八人に減っているので、実際の談合が時政(義時)・広元・善信の三者協議という形になるのも当然であった。

   頼朝時代の宿老評議が内乱期の軍略評定から始まり、その後は頼朝(幕府)にとって緊急かつ重大な案件の処理に関して諮問を受けるという慣行が、「十三人合議制」で制度化したとする根拠となると同時に、この合議制が早いうちに後見北条氏と吏僚大江広元・三善善信だけの評議体となり、やがて時政(義時)広元の協調体制に移行する野であって、いわゆる執権政治はこの様にして成立したと言って良いのであろう・・・・・・。
鎌倉幕府最初の幕府跡(大蔵御所)
幕府跡
頼朝・墓所(大蔵)
頼朝墓
幕府・第五代執権北条時頼公建立 五山筆頭建長寺三門
建長寺三門

次回へ

平成31年乙亥・己巳・壬辰

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.20(07:00) 222

**三浦一族

**頼朝の死

   頼朝の死は幕頼府関係者にとって大きな衝撃であった事は言うまでもないし、幕府の政治は重大な局面を迎えたと言える。  
  特に頼朝時代は彼の優れた調整能力によって均衡を保っていた宿老(代表格・三浦氏)・頼朝後見(時政)・吏僚(首脳大江広元)の関係は、頼朝に代わる調停者の不在によって、大きくバランスを崩すことになる。

   すなわち、宿老御家人の役割のうち、群議への参加及将軍の他行への供奉、或は宴席への参加といった形式的な役割以外は全て北条時政及び彼の子孫に吸収されて行くことになる。
  軍事責任者たる役割では、承久の乱の際の上京軍の司令官に北条泰時(時政孫)と北条時房(時政子)が任命され,幕府方を勝利に導く活躍を見せ、乱の終結後は京都に留まり初代六波羅探題として西国に幕府の威令を浸透させたのである。

*六波羅探題北方・北条泰時  *南方・北条時房  

   そして特に目立つのは「椀飯」(oubann)で、この正月行事のほとんどは北条一門の独占するところとなってしまう。   
 要するに鎌倉幕府政治の変遷について、頼朝時代の将軍独裁政治の次に現れた執権政治及び得宗専制政治と言われる政治形態に移行するための過程と思われ、北条時政の子孫とくに嫡家(得宗家)が権限を掌握する政治形態へと推移したのである。

   しかし、群議への参加だけは、政治形態が変わっていく中で、形を変えつつも一貫して継続されていったのである。  なぜそうなったのか・・・・・。  幕府政治の特質と大きく関わりのありそうなこの問題について、頼朝時代の宿老の筆頭ともいえる三浦氏の動向を中心にレポートを進めたい。

   頼朝の死後、すなわち正治元年(1199)、二月に家督に付いた頼家(yoriie)はこの時18歳、当時としてはすでに一人前の男であり、随分張り切っていたに違いない。  頼朝の妹婿一条能保(yosiyasu)という貴族の郎党であった後藤基清(motokiyo)から罪科ありという理由で讃岐守護職を取り上げるなど、早速鎌倉殿の威厳を振るい始めたのである。 ところがこれに幕府幹部らがクレームを付けた。   幕府幹部らが、今後は訴訟に関しての頼家の直断を停止し、幹部十三名による「談合」で取り計らうという決定を下したのである。 (13人合議制)

    十三人談合衆メンバー『吾妻鑑記載順』 

〇 北条時政 62歳  伊豆  頼朝岳父(後見)
〇 北条義時 37歳  伊豆  時政男
〇 大江広元 52歳  京都  政所別当
〇 三善善信 60歳  京都  問注所執事
〇 中原親能 57歳  京都  公事奉行人・京都守護
〇 三浦義澄 73歳  相模  宿老・三浦介
〇 八田知家 不詳  常陸  宿老・常陸守護
〇 和田義盛 53歳  相模  侍所別当 (三浦氏同族)
〇 比企能員 不詳  安房  宿老・信濃守護 (頼家・乳母夫)
〇 安達盛長 65歳  武蔵  宿老・上野奉行人・三河守護
〇 足立遠元 不詳  武蔵  宿老
〇 梶原景時 不詳  相模  宿老・侍所所司 (鎌倉党)
〇 二階堂行政 不詳 京都  政所令

   以上「談合」衆の構成は、宿老七名、吏僚四名、頼家のミウチ(後見)二名であり、これだけで言えば頼朝時代の宿老評議に吏僚幹部と時政・義時親子が加わっていたのであるが、調停者を失ってそれぞれに危機意識を高め、妥協点として見出したのが評議の慣行の制度化であった・・・・・。

秩父党・畠山重忠邸跡 (鶴岡八幡宮東門付近)
畠山重忠
秩父霊場・長泉院(枝垂れ)
秩父霊場・長泉院
秩父・清雲寺 (枝垂れ)
秩父清雲寺

次回へ

平成31年乙亥・己巳・丁亥

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.15(07:00) 221

**三浦一族

**合議制 (群議)

    鎌倉時代初期、合議を指す語としては、京都では伝統的な「朝議」・「僉議」が公家(朝廷)の間で用いられていたが、一般的には「評定」・「群議」・「評議」・議定」も用いられた。
これに対して鎌倉では「評議」・「群議」が使われたほか、多く使われた「沙汰」も評議を意味する場合があった。

    富士川の戦いに勝利した頼朝は、平家軍を追い一気に上洛することを諸将に命ずるが、常胤(千葉)・義澄(三浦)・広常(上総介)に平家方の佐竹氏の討伐を優先すべきと諌められ、常陸に兵を進めた。  その地(常陸国府)で作戦を練るため群議が行われたようだ。 
  群議の参加者は、頼朝に佐竹氏討伐を進言した三名の他に土肥実平が加わっており、彼らが「宿老の類」と呼ばれていた事は注目される。 乃ち、この場合の群議は明らかに宿老武士による軍略評議(戦評定)であり、その決定に基づいて、上総介広常(hirotune)による佐竹義正(yosimasa)の誘殺、続いて下河辺行平(yukihira)らが率いる数千の軍勢による居城金砂城攻撃が行われており、この間の群議の決定⇒実施の過程には頼朝の介入した形跡は見られないのである。
したがって、富士川の戦い直後の宿老の諌申も、頼朝主宰の群議が開かれ、頼朝の意思表示(上洛)について宿老が評議し、その結果が諌申という事になったのであろう。  その場合も結果的には頼朝が宿老らの意見を容れ、上洛の命令を撤回されている。

   以上頼朝時代の合議制についてレポートしてきましたが、記述を本題の三浦一族に戻して進める。  まず宿老としては惣領家の義澄(yosizumi)が千葉常胤と並んで当初から筆頭格ともいうべき位置にいたほか、義澄の伯父の岡崎義実(yosizane)と甥にあたる和田義盛(yosimori),女婿と思われる比企能員(yosikazu)がそれぞれ宿老として重きをなしていたのである。

    頼朝時代の宿老御家人は、東国の有力武士の家系を代表する人物がなっていたのであるが、同族で四人というのは三浦氏以外になく、幕府内での三浦一族の存在感は傑出していたと言ってよいだろう。   特に義澄は挙兵直後から、軍略に関して頼朝の諮問に応え、ある時は頼朝が指示した方針に反対意見を述べたりする一方、後期には自ら西国に赴いて、海戦の不得手の源氏軍にあって「海のもののふ」の本領を大いに発揮し味方を勝利に導く働きを見せた。

    内乱が終わり幕府が安定して来ると、頼朝の岳父北条時政や大江広元(公文所別当)の動向が目立つようになるが、三浦一族では和田義盛が侍所別当という幕府の中枢部局を任され、義澄も相変わらず頼朝の信頼厚く、奥州征伐や上洛の際の直衛隊に必ず義澄の姿があった

     このように義澄ら三浦一族の者が、宿老として幕府内に高い地位を占めることが出来た理由は、何といっても三浦氏が源家譜第の家人であり、とりわけ頼朝の父義朝(yositomo)が義明の女婿であったとされるほど近しい関係であったからで、さらに、三浦一族の抱える武士団の規模が群を抜いていた事にもよろうが、三浦氏が「介」を家職として、相模一国を事実上支配していた事が大きな要因であったと思われる。
  この事は千葉常胤の下総国のも言えるのであるが、頼朝時代に源家門葉の人物が「守」にはなっているものの、国衙機構を抑え実際の国務(国衙雑事)を遂行していたのは国衙在庁の筆頭としての「介」の肩書を持つ三浦氏及び千葉氏であり、頼朝もかれらの既得権を安堵するとともに、それぞれ「守護」に任じる事で幕府の支配基盤に組み込んだのである。
 以上、三浦一族とくに惣領義澄が宿老の筆頭格として鎌倉幕府政治の重要な一翼を担えたのは、彼が単に東国武士の中で長老であった云うだけでなく、鎌倉の所在国で、後々まで幕府の地域支配にとって最重要基盤となった相模国の国務を抑えていたからであると言える。

  そして宿老三浦介義澄、頼朝の後見北条時政、幕府官僚の重鎮大江広元の三者を、鎌倉殿頼朝が調整(バランス)をとりつつ自分の裁断権を使する、これがいわゆる将軍『独裁』政治と言われるものの実相であった。  このような意味で、鎌倉幕府が武家政権と言われるのは、三浦氏に代表される地方武士とくに国衙在庁関係の「政治」感覚で運営されたからに他ならないと言える。
三浦義澄公・墓所・・・・・横須賀市・衣笠
三浦義澄公・墓所
父・義明公・墓所満昌寺・・・・・横須賀市・衣笠
三浦義明公・菩提寺
秩父・清雲寺・枝垂れ
DSCN4797.jpg

次回へ

平成31年乙亥・己巳・壬午

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.10(07:00) 220

**三浦一族

**将軍独裁

   鎌倉幕府草創者源頼朝は確かに『独裁者』のイメージが似合っている。
  彼が武家棟梁清和源氏の嫡流という「貴種」 として、御家人らの上に君臨し、また御家人たちもかれに絶対的忠誠を当然の事と感じていた事も事実であろう。  何よりも京都神護寺に伝わる頼朝像とされる坐像の、凛として人を寄せ付けぬ姿が、頼朝=独裁者というイメージを決定づけているらしい・・・・。

   頼朝「独裁」の証拠を、いわゆる御前対決をはじめとする各種訴訟の採決ないし判決の事例に明確に現れていると研究者は表現する。
  頼朝の「御前対決」の例は「吾妻鑑」に多く見られるが、ここでは具体的に記さない。  何れの場合にも頼朝が唯一・最高の裁判官である事は明らかであり、字義通りの独裁を行っている。 そして頼朝時代の訴訟処理は、問注所でまず原告・被告が提出する文書を受理・審査し、さらに原告・被告を幕府に召喚して口頭弁論を行い、結果を頼朝に報告すると、彼が理非の裁定を下すという経過をたどるのが一般であったから、初期段階に行われた御前対決は、頼朝自身の、「独裁」的理非裁定の特例的手続きに過ぎなかったとも言えるのである。

    その他に頼朝の「独裁」 の様子を探ろうとすると、適切なキーワードは「沙汰」 であろう・・・、「吾妻鑑」に「其沙汰有り」 と表現されるケースから、明らかに頼朝自身の裁定である事例を示すと、鎌倉殿としての頼朝の権限を「安堵」と「理非」という二つの側面に分けられると思われるが・・・・・・。
  幕府草創期つまり源平内乱の最中やその直後に於いては、いわゆる軍略についての頼朝の裁定の仕方は、「安堵」または「理非」とは別の形をとった事が予想されるのである。

    そもそも内乱勃発の時点ではどうであったのか。  平氏打倒の決起を促す以仁王(motihitoou)の令旨が伊豆北条の頼朝の許に到来し、京都から三善康信(yasunobu)の使者が来て以仁王と源頼政(yorimasa)の挙兵失敗、二人の敗死が伝わる。
  その後、頼朝は挙兵の意志を累代家人に伝え、開戦の覚悟と準備を整えるに至った。  挙兵に際しての最初の攻撃目標を伊豆国目代・山木兼隆の館と定め、近臣を山木館に潜り込ませ周辺の絵図を作るなど準備を進めた。
武衛・北条殿等、主だった者が集まり、絵図を検討、軍の進む道路、う回路などを申し合わせたのであった。  これを見ると、傭兵について頼朝が直接指示したと映るが、実際には時政の案に頼朝が最終判断を下したのである。

    その後、石橋山の合戦に敗れ、頼朝が少数の武士だけを従えて箱根山中から土肥・真鶴を経て海路安房を目指す事になったのも、実は土肥実平(sanehira)の建言によるものであった。   
  このように始まった源平内乱の過程で、頼朝と彼に従う武士たちにとって、疑うことなく大きな画期となったのは、鎌倉入部であった。  そして鎌倉入部を頼朝に決意させたのも千葉常胤の進言であったとされる。

    頼朝は入部直後から鎌倉の整備に着手するのであるが、頼朝入部以前から鎌倉に利害のあった三浦氏(和田義盛)と鎌倉党(大庭義景)の建言と施行が大きな位置を占めたものと推測される。 すなわち鎌倉を「城郭化」するという、極めて戦力的な要素が強かったので、頼朝の独断というよりは、有力武士たちとの「談合」 で立案・施行されたと考える。
古東海道・相模国側 走水神社付近  
東海道・走水
走水神社
走水神社

次回へ

平成31年乙亥・己巳・丁丑

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.04.05(07:00) 219

**三浦一族

**鎌倉幕府・三浦氏の存在

    十二世紀の終わりに成立した鎌倉幕府の政治過程を大きくⅢ期に区分する考え方は、学会で定説となっている。
 
(一) 将軍独裁政治 (頼朝期) 
(二) 北条氏による執権政治 (十三世紀初・中期) 
(三) 北条氏得宗家による専制政治 (十三世紀中・終期) 

  第一期については基本的に、研究者の間でも異論のないところだ。
 しかし、後の二期、すなわち執権政治期と得宗専制政治については、それぞれの開始時期や転換時期について現在でも議論が定まっていない。

   とりわけ第二期の執権政治の開始時期 (初代執権は誰か?) とその政治基調の問題をめぐっては、多くの研究者による議論が展開されている。

*政治基調・・・・・北条氏の専制的な政治か幕府首脳部による合議政治か?

    その際各論者が例外なく注目する事柄が、頼朝死去直後に定められた、十三名の幹部による合議態勢と執権政治体制との関係である。  次にその根拠となる『吾妻鑑建久十年四月十二日条』を記す。

  十二日、癸酉、諸の訴論ノ事、羽林(urin)=(頼家)直に聴断せしめ給ふの条、停止せしむべし。 向後に於いては、大小事、北条(時政)殿、同四朗(義時)主、并に兵庫頭(大江)広元朝臣、大夫属入道(三善)善信、掃部頭(中原)親能、  在京、三浦義澄、八田右衛門尉知家、和田左衛門尉義盛、比企右衛門尉能員、藤九郎入道蓮西(安達盛長)、足立左衛門尉遠元、梶原平三景時、民部大夫(藤原)行政等、談合を加え、計 成敗せしむべし。  その外の輩、左右なく訴訟の事を執申すべからずの旨、定めらると云々。

   このように「吾妻鑑」の記述によれば頼朝亡き後、源家の家督(鎌倉殿の地位)を継いだ頼家について、訴訟関係の直断を停止し、時政以下十三名の談合による取り計らいに委ねると定められたというのである。

   しかし、鎌倉幕府の政治における合議制は、何らの前提もなくこの時期に突如として登場したのであろうか。  合議制の前提ないしその伝統はなかったのか・・・・。  幕府が源平内乱の最中に姿を現したとすれば、内乱の当事者である武士たちの軍評定の習慣が、幕府の政治基調に反映されたであろうし、幕府は当初、公家政権の首脳による評議の伝統を一部模倣している面もあったと思われ、いわゆる将軍独裁期の頼朝の政治にも、何らかの形で合議の習慣はあった筈である。  そうした幕府草創期の合議の習慣が、「十三人合議制」から執権政治⇒得宗専制政治へと展開する、幕府の一貫した政治基調であったとも考えられのである。
  そして頼朝期の幕府政治に関与し、後に十三人談合衆にも名を連ねる三浦義澄ら有力御家人の幕府内での位置づけも、頼朝期における合議制の存在という視点から見直すと、従来考えられていた点とは一味異なる側面が見えてくるのではなかろうか。
横須賀走水・旧海軍施設
海軍・ボート
横須賀・観音崎灯台
観音崎灯台

次回へ

平成31年乙亥・己巳・壬申

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2019年04月
  1. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/30)
  2. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/25)
  3. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/20)
  4. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/15)
  5. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/10)
  6. もののふ(兵)ノ家・三浦氏(04/05)