FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2019.12.30(07:00) 272

 **戦国大名・北条一族

**関東を転戦

   宗瑞は、明応七年(1498)に足利茶々丸の討伐に成功して伊豆平定を遂げ、文亀元年(1501)までの間に小田原城を攻略して、相模への進出を遂げた。  しかし、ここで確認しておきたいのは、通説のように、宗瑞にとって小田原城奪取が当初から相模経略を念頭に置いての行動であったのかという事である。

   六年の歳月をかけ、ようやく伊豆一国の平定に成功したのが明応七年の事であるが・・・。  宗瑞が関東で軍事行動を行ったのは伊豆乱入の翌年、明応三年が初めてであった。  宗瑞は扇ヶ谷上杉定正の要請を受けて相模・武蔵に出陣しており、九月には武蔵久目川(東村山市)に着陣し定正軍と合流している。

   それより以前に、定正方は山之内上杉氏の家宰惣社長尾氏の重臣矢野氏が守備する東郡玉縄要害(鎌倉市・玉縄)を攻略している。  これらは相模の扇ヶ谷上杉氏勢力による行動とみられるから、そこに宗瑞が加わっていた可能性はあるが、宗瑞のみの行動ではなかったであろう。

   宗瑞は相模・武蔵に出陣した後、甲斐・遠江・三河へ侵攻している。  何れも今川氏の軍事行動という性格であった。 また関東への出陣についても伊豆国主としての独自の軍事行動というよりは、今川氏と共に参戦しており、援軍としての主体はむしろ今川氏親におかれていた事から見ると、やはり今川氏の軍事行動の一環としての性格の強いものであったと思われる。
 宗瑞の伊豆乱入自体がそうした性格を有していた事を思えば、その後の甲斐への侵攻、相模・武蔵への出陣も、茶々丸の与党勢力である山之内上杉氏・甲斐武田氏との対戦という事から、伊豆平定に伴う行動であったといえ、決してそうした性格を逸脱するものではなかった。 したがって、扇ヶ谷上杉氏から離反して山之内上杉氏に帰属した大森氏の攻略を遂げた小田原城奪取、すなわち相模西部への進出も、茶々丸追討、もしくはその余波の範囲内の行動であったと考えている。

   大森氏を追放した後、直ちに大森氏及びその被官・同心の所領を収公し、それを自らの直轄領、家臣らの所領にしたとみられる。 この家臣らへの所領の配分状況を推測する上で有力な材料となるのが「北条家所領役帳」である。 
  大森氏の所領のうち、代表的なものは、本城膝下の小田原と苅野荘(南足柄市)であろう。 小田原は、小田原城の城付領的性格を有していたとみられ、宗瑞も同城を直接管轄したであろうから、同様に城付領的なものとして、その直轄領とされたとみられる。 
 ただし、宗瑞は末子の菊寿丸(幻庵宗哲)に箱根権現領(箱根町)400貫文の知行を認めている。 

   一方、苅野荘は1000貫文という知行高で、一括して宿老松田氏に与えられた。 「役帳」において松田憲秀の所領は筆頭に挙げられているので、同所が松田氏の本領という事が判る。 「役帳」において、単一の所領で1000貫文の知行高を持つ者は極めて少なく、西郡に於いて苅野荘は卓越した知行高にあることを見ても、付与された松田氏が、その後の西郡支配において極めて大きな役割を担っていた存在であることが覗われる。
  レポート、少しずれましたが、外れたついでに松田氏に付いて一篇、この松田氏の出自については、通説では西郡松田郷(松田町)を本領とする国人松田氏とされているが、他の史料から備前松田氏の一族松田盛秀(憲秀の父)・康定兄弟が国人松田左衛門尉を訪ねて下り、宗瑞・氏綱(宗瑞嫡男)に仕え、のちに盛秀は左衛門尉の名跡を継承したと記されている。 従ってこの松田氏は相模国人の出身ではなく、室町幕府奉行衆でもある備前松田氏の出身であった事は事実と考えられる。

   この松田氏は以後、北条氏家臣の中でも筆頭に位置し、遠山氏・大道寺氏とともに北条氏の一門に準じる「一族」 という最高位の家格を与えられた。 松田氏が西部に於いて極めて重要な位置にある苅野荘を本領として与えられたのは、政治的地位と密接に関連していると考えられる。
小田原ういろう本舗
小田原ういろう本舗
戦国大名・北条氏・・・・初期系図
戦国北条氏初代期
宗瑞末子・宗哲 ・・・・次代系図
初代期兄弟

次回へ

令和元年・己亥・丁丑・辛丑
スポンサーサイト




鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

戦国北条氏・五代

2019.12.25(09:00) 271

**戦国大名・北条一族

**伊豆平定・戦国大名へ

    宗瑞の伊豆乱入は、今川氏や上杉定正の協力を得て行われた。  今川氏からは、駿東郡の国衆である葛山氏らが動員された。 葛山氏は、同郡中部の葛山城(裾野市)を本拠に同郡中部から南部を支配する国衆で、今川氏に従属していた。
  宗瑞は、この葛山氏の娘を妻の一人としているから、両者は親密な関係にあったとみられる。 この事からも伊豆乱入は、宗瑞単独の行動ではなかった事が判る。 それはあくまでも、今川氏の軍事行動であった。

   伊豆に乱入した宗瑞は堀越御所を攻略したとみられ、足利茶々丸を伊豆大島に追放し、伊豆への進出を果たしている。 さらに韮山城に移り、同城を本拠と定めた。  これは、伊豆国主堀越公方足利氏の没落と、それにかわる宗瑞の登場を明確に示す事例であった。
  この後、宗瑞は伊豆国主としての地位を獲得し、いわゆる戦国大名への仲間入りを遂げた。

   しかし、伊豆一国の平定は、直ちに達成されたものではなかった。  宗瑞の乱入で滅亡し、伊豆平定もわずか一か月で遂げられたとされているが、その後も国内には茶々丸方勢力が残存しており、その抵抗は激しく、明応六年までは国内は戦乱状態が続いたとされる。  
  一方、茶々丸もその後の生存が確認されている。  一旦は国外に逃亡するが、その後,山之内上杉顕定・甲斐武田信縄の後援を得ながら、武蔵・甲斐郡内に居留しており、伊豆奪回の機会をうかがっていた。 しかし、明応七年(1498)茶々丸一族は宗瑞の攻撃により甲斐で滅亡している。

   宗瑞は甲斐に侵攻、堀越公方勢力の討伐に成功、乱入以来六年の歳月を費やした末、伊豆一国を平定に成功したのである。

**小田原城攻略

   宗瑞の小田原城(城主・大森氏)攻撃の具体的状況は、よく解っていない。  軍記類に観られる、軍勢を鹿狩りの勢子に見せかけた話や、千頭の牛の角に松明を結び付け大軍に見せかけた話は何れも創作と考えられている。

   大森氏は扇ヶ谷上杉氏の有力与党の一人であったとみられるが、宗瑞は明応三年以来、一貫して扇ヶ谷上杉氏と同盟関係にあり、その関係は永正五年(1508)頃まで続いている。

   一方の大森氏は、永正元年には山之内上杉氏方にある事が確認されている。  従って、扇ヶ谷上杉方である宗瑞による大森氏(小田原城)攻略は、大森氏自身がその後に山之内上杉氏方に転じていたので、宗瑞は扇ヶ谷上杉氏の了解のもとに攻略したとしか考えられない。
  大森氏が山之内上杉氏方に転じた時期などは明確ではないが、明応五年に小田原城「自落」 という史料が見える・・・・。小田原城が自ら落城、すなわち開城した事を示している。    これは城主大森氏が山之内上杉氏に従属した事を意味している可能性が高い。  大森氏が離反した為に、「西郡一変」 という事態になったとみると、一連の展開の整合性が見えてくる。  大森氏の山之内上杉氏への帰属は、この山之内上杉氏方による小田原城攻撃の結果ではなかろうか。 いずれにせよ、この後に宗瑞は小田原城を奪取し、大森氏を攻略することで相模西部の経略を遂げ、相模への進出を果たした。
  前述したが、明応五年七月に山之内上杉顕定が小田原城を攻撃した際、宗瑞から扇ヶ谷上杉氏に対し援軍として派遣されたのが弟の弥次郎であった。  この戦いで宗瑞は片腕であった弥次郎が戦死したとみられてきた。  しかし、翌年に宗瑞が発給した文書の中に長年にわたる籠城を賞する証文に「定面弥次郎・大道寺侯」とみえる、これにより翌年の生存を確認することが出来る。
  そこでは宿老の大道寺氏とともに、大見三人衆への取次を勤めている。 大道寺氏よりも先に記載されているから、弥次郎がまさに宗瑞の一門として、家中に於いても高い地位にあった事が判る。

   扇ヶ谷上杉氏への援軍の大将を務めた事と共に、弥次郎は、まさに宗瑞の片腕としての役割を果たしていたとみられる。 しかし、その後、弥次郎に関する史料は全く見当たらない。 没年や法名も不明である。
小田原城・箱根口門跡
小田原城箱根口
小田原旧城下・万町付近
DSCN5410.jpg
戦国北条氏・初代期系図・・・・宗瑞(盛時)の並びに擦れていますが弥二郎の名が見える
戦国北条氏初代期
   
次回へ

令和元年・己亥・丁丑・丙申

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

戦国北条氏・五代

2019.12.20(07:00) 270

**戦国大名・北条一族

**前章(続)・姉北川殿

    盛定の事績で注目されるのは、伊勢本宗家と駿河今川氏との間で、本宗家から今川氏宛に出される文書の文案作成を行うなど取次の役割を勤めてていた事である。
 盛定の娘(姉北川殿)が、応仁元年(1467)に今川義忠の正室となるのも、そうした政治的関係があったからであろう・・・。

    宗瑞の前身である伊勢盛時は、盛定の次男とされる。  ただし、兄とされる貞興の動向は殆ど知られていないので、盛時は早くから嫡子の立場にあったとみられる。  備中国荏原郷内に所在し、菩提寺である長谷法泉寺(岡山県)に禁制を下している。 これが盛時の史料上における初見で、時に十六歳である。(1456生説)

   「伊勢新九郎盛時」 の名が登場するのは、室町幕府九代将軍足利義久の申次衆として活動する明応元年(1492)から幕府直属軍を構成する奉公衆として活躍する頃である。
  これより以前の応仁年間に、宗瑞は伊勢に下って今出川殿足利義視(義政弟)に仕え、その後尾張に移り、さらに義兄今川義忠を頼って駿河に下向したという。  そしてそのまま駿河に逗留し、文明八年義忠の死後、今川家の家督相続をめぐる内乱で姉北川殿・甥竜王丸(氏親)を助けて調停に大きな役割を果たし、乱後にその功賞として竜王丸から駿河国富士郡下方荘(富士市)等が与えられたという。

   宗瑞は、氏親(竜王丸)の外叔父という姻戚関係に加え、そうした氏親の今川氏家督継承における功績により今川氏家中で台頭し、氏親を支える中心的存在になったとみられる。  駿河下向後、伊勢新九郎の名で見えるが、その後の文書には法名宗瑞での署名が多くなる。
  宗瑞は延徳三年(1491)から明応四年(1495)までの間に出家したとみられ、その契機は明らかではない。 後で記述するが、この後伊豆乱入を果たしている事を見ると、この伊豆乱入を契機に出家したのではないか・・・・・・。 出家は政治的転機に伴って行われる場合が多い。 宗瑞にとって伊豆乱入は、まさに大きな政治的転機であった。    
  この出家は、一方では幕府奉公衆からの退任とそれに伴う幕府への出仕の停止を意味した。  すなわちそこには、幕府権力からの明確な自立とみる事とが出来る。

**伊勢宗瑞・伊豆乱入

   宗瑞が今川氏家中から相対的に自立し、戦国大名へと転身を遂げていく、最も大きな政治的転機を成したのは、やはり伊豆平定であろう。  文明十四年(1482)の幕府・堀越公方足利氏と関東管領・山之内上杉氏と古河公方足利氏の和睦の後、伊豆は堀越公方足利政知の分国とされていたが、政知が死去すると、その家督をめぐって争われ、嫡男・茶々丸が継母等を殺害し、実力を持ってその家督を継承した。 
  その後も家督騒動は収まらず内乱状態は続いていたのであるが。  そうしたタイミングで伊豆に乱入したのが宗瑞である、しかし、その行動は今川氏の政治的行動の一環として為された事はいうまでもない。  さらに、この乱入は京都で勃発した幕府管領細川政元によるクーデターと連動していた事が明らかにされた。 
  細川政元のクーデターというのは、将軍足利義材を廃し、義高を新将軍に擁立した事件である。  義高は政知(堀越公方)の次男であり、政知死後の争いを克服して家督を継承していた兄茶々丸は、彼にとってはいわば母と弟の敵にあたる存在であった。しかも堀越公方権力の中でも、幕府・関東勢力に対して、路線を巡る対立があり、それが政知派と茶々丸派との対立、それが伊豆の内乱として表現されたとみられる。

   氏親・宗瑞は中央政界で細川政元と親密な関係にあり、堀越公方との関係では政知派と親密な関係にあった。  今川範滿方は茶々丸派と繋がっていたから、そのため範滿討滅により、茶々丸派との関係が悪化していたようである。
  そうした伊豆の内乱状態は直接に影響を被るものであったとみられる。  宗瑞は、中央における細川政元の政変に乗じて伊豆に乱入し、対立勢力の一掃を図ったのではなかろうか・・・・。

   さらに実際の伊豆乱入は、周辺地域における領主間の対抗関係とも連関して行われた。  当時、関東では、関東管領山之内上杉顕定と相模国守扇ヶ谷上杉定正による抗争が展開されていた。 (長亨の乱)
  伊豆は山之内上杉氏の勢力圏であり、同氏は茶々丸支持であった。  その為宗瑞は、乱入にあたって扇ヶ谷上杉氏との連携を成立させている。   そして隣国甲斐でも、守護武田信綱と父信昌・弟信恵による内乱が展開されており、氏親・宗瑞はこの内乱にも介入していた。
  こうした宗瑞の伊豆乱入が、関東における内乱状態を刺激し、長亨の乱の再発の契機となったのであろう。
北条早雲(伊勢宗瑞)像  JR小田原駅新幹線口
DSCN5477.jpg
早雲禅寺   箱根湯本
DSCN5515.jpg
戦国北条氏系図(次代迄)
戦国北条氏初代期

次回へ

令和元年・己亥・丁丑・辛卯

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

戦国北条氏・五代

2019.12.15(07:00) 268

**戦国大名・北条一族

**伊勢宗瑞

   本名は、伊勢新九郎盛時と言われ、この説が有力とされている。
出家後に称した法名が「宗瑞」 である。 当時、宗瑞は、領国支配等の為に発給した文書にも「宗瑞」 の法名で署名しているように、彼が正式に用いた名は「宗瑞」 であった。

   宗瑞の出自については、江戸時代に既にはっきりしていなかったようで、諸説が混在する。  備中伊勢氏説・京都伊勢氏説・伊勢素浪人説等があり、生国についても多説ある。  これらは、江戸時代の諸説を基に研究者によって整理されたものと考えられる。
  現在では、備中伊勢盛定の次男伊勢新九郎の後身で、母は伊勢氏本宗家の伊勢貞国の娘とする説が有力とされる。

    宗瑞は、通説では永享四年(1432)生まれとされている。  これは宗瑞の享年を八十八歳とする記載から逆算したものであるが、これでは宗瑞が盛定の子、という系譜関係が成り立たなくなる。
  江戸時代に成立した各種の北条氏の系図や史料には宗瑞の年齢の記載は一切見られない。  それらの系図や史料には宗瑞の子氏綱以降の歴代については享年の記載は見られるが、初代の宗瑞のみ享年に関する記載がない。   この事は、既に江戸時代前期に宗瑞の年齢が、その子孫でも不明となっていた事を示している。 

**宗瑞の生年を推測する 

   戦国北条氏を扱った比較的信頼度の高い軍記物に「北条五代記」 がある、その記載の中に 「宗瑞は子年生まれ」 とする記載が見える・・・・・。この子年生まれという記載が重要で、確たる生年が不明の為、生まれの干支のみが伝承された可能性が想定され、むしろ、事実を伝えた可能性は高い。
 享徳年間に最も近い子年は、康正二年(1456)、他に宗瑞の年齢を特定できる材料が見られないので、軍記物という所伝ではあるが、あくまでも推測として宗瑞の生年は康生二年とする説を前提にレポートを始める。

    通説からは二十四歳下回り、その享年は六十四歳であったと推定される。  この仮説に基づいて、以後の宗瑞の動向を照らし合わせていくと、年齢的に無理のないものとなる。

**今川氏親・家督継承

     宗瑞の父伊勢盛定は、伊勢氏の一族で備中国荏原郷(岡山)等を所領とした備中伊勢氏の庶子で、本宗家の伊勢貞国の娘、すなわち貞親の姉妹を妻としていた。 そのため、備中伊勢氏の庶子とはいいながらも、本宗家と極めて密接な関係にあった。

    盛定ははじめ新左衛門尉、次いで備中守、備前守を称した。  備中守の受領名は、本宗家の子弟など伊勢氏では本宗家に次ぐ政治的地位にある人物が名乗っており、この事から盛定が、本宗家にとって重要な政治的位置を占めていた存在である事がうかがわれる。 これは盛定が、貞親の義弟であったことに依っていよう。 そして、盛定の後の備中守の受領名は、貞親の弟貞藤に継承されている。
戦国北条氏墓所(五代)・・・・・箱根湯本・早雲寺
DSCN5521.jpg
DSCN5519.jpg
備中伊勢氏関係系図
備中伊勢氏系図

次回へ

令和元年・己亥・丁丑・丙戌

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

鎌倉の石塔・周辺の風景

2019.12.10(07:00) 269

**次回テーマ・戦国北条氏

**ご訪問ありがとうございます。

  戦国北条氏(後北条・小田原北条)のテーマについて、昨年中断した状態でしたが、 今回は新しい資料を参考に判りやすく、詳細なレポートを心掛け、新しい考え方も取り入れながらレポートします。    どの程度のものになるか判りませんが、ご愛読の程よろしくお願いします mituuroko 2

令和元年・己亥・丁丑・辛己


鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

両総の勇・上総氏・千葉氏

2019.12.05(07:00) 267

**千葉・上総一族

**終章

   分裂を繰り返しながらであるが、両総の一族は天正十年(1582)、豊臣秀吉が着々と全国統一の道を進めている頃、戦国・北条氏(後北条・小田原北条)に属していた。   

   北条氏と徳川氏との間は沼田城の帰属問題で紛争中であった。  沼田領を先祖の墓地とする真田氏(徳川)は、和睦の条件であった北条氏への全面割譲に反対し、沼田領の三分の一の領有を認めさせた。 残り三分の二を領有する事になった北条氏直はこの所領と沼田城を叔父北条氏邦に与え、沼田城にはその家臣・猪俣邦憲を入場させていた。   その邦範が、真田氏の挑発に乗って、支城の名胡桃城を攻めてしまった・・・。 かねてから、北条氏討伐の機会を覗っていた秀吉はこの事件を口実に北条氏討伐を決定したのだ・・・・・・。 

   豊臣軍は先鋒の徳川家康の三万、東海道方面軍十四万、北陸・信濃方面軍三万二千余の軍勢で、沼津に着陣、秀吉は着陣と同じくして、北条方の前線基地であった山中城と韮山城の攻撃を開始した、韮山城は約三か月間持ちこたえたが、山中城は約半日で落城、守将の北条氏勝は本拠地の鎌倉・玉縄城に逃れた。
  北条軍の前線基地であった山中城が落城すると秀吉軍の本隊は箱根を超え、箱根湯本の早雲寺を本拠として小田原城を包囲した。

   北条氏と豊臣秀吉との対立が深まりつつある頃、千葉介胤富の子邦胤が本佐倉城において家臣によって殺害されるという事件が起こった。 残された史書に、家臣の桑田万五郎によって殺害されたという記事があり、邦胤急逝の原因が千葉氏内部の抗争によるものであった可能性を窺わせる。
  邦胤の死後、家督を継承したのは邦胤の子重胤であった。 しかし、千葉氏の実権を掌握したのは前記の状況から重臣の原胤栄やその子胤義であったと考えられる。

   この時期の千葉氏の勢力については、小田原北条氏の豊臣秀吉来攻を予測した動員兵力数によれば、佐倉城の千葉介三千騎、臼井城の原二千騎、小金、高木(城)の700騎、相馬100騎とあり、千葉氏の総動員兵力は5800騎とされている。
  この兵力から推定すると下総国の大部分は千葉氏によって支配されていたものと考えられるが、そのうちそのうち千葉介の兵力は3000騎とされており、原氏、相馬氏等を除いた下総の軍勢は千葉氏に纏められていたものと考えられる。 しかし、この3000騎は千葉氏の直属の部隊ではなく、横芝城の井田氏や中島城の海上氏などの諸豪族の連合体と考えられており、重胤の実質的な直属部隊はその一割から二割であったものと推定される。
  重胤が小田原城に入城した時期は不明であるが、後見人である原胤義に伴われて小田原城に赴いたと考えられる。  

   秀吉による小田原城の攻撃は比較的穏やかで、大きな戦闘は無く100日間の籠城の結果、北条氏直は降伏を決意した。  この結果、氏直の叔父氏政・氏輝が責任を取って自刃する事で小田原城は開城され、戦国北条氏(後北条・小田原北条)は滅亡する事となった。  小田原城に籠った千葉氏本宗は下総の所領を没収され、当主の千葉介重胤は江戸にて病死したと残る。 子は無かった。

   こうして平安時代の末期に成立し、中世関東の名族として重きをなした千葉氏は滅亡した。  しかし、下総国には一族の豪族の多くが帰農し、その他の有力者として千葉の近世社会に大きな影響を与え、今日の千葉市や千葉県内市町村の発展に大きく寄与した。  

千葉本宗家は、千葉利胤─胤富と継承されるが重胤で滅亡する
本宗13世紀
秀吉・小田原攻撃の本拠地となった早雲寺・山門    (箱根・湯本)
DSCN5527.jpg
無血開城した小田原城天守
DSCN5479.jpg

 

令和元年・己亥・丁丑・丙子


       ◆■◆次章~戦国北条氏を予定しています◆■◆

鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2019年12月
  1. 戦国北条氏・五代(12/30)
  2. 戦国北条氏・五代(12/25)
  3. 戦国北条氏・五代(12/20)
  4. 戦国北条氏・五代(12/15)
  5. 鎌倉の石塔・周辺の風景(12/10)
  6. 両総の勇・上総氏・千葉氏(12/05)