FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府八代執権・北条時宗

2017.12.13(07:00) 111

**弘安の役

**日本軍の奮戦

炎が燃え上がると、他の軍船の反応は早かった。  各兵船ごとに船首・船尾・両船側などにかがり火が燃やされて、周囲の海面を照らし出して夜討ちを封じるとともに、各船相互に助け合えるように、兵船と兵船とを鎖でつなぎ合わせた。
この為経永(tunenaga)に続いて河野六郎道有(mitiari)が夜襲を敢行した時には、すでに奇襲にはならなかった。  それでもその夜、博多湾の海上では、あちこちに火の手が上がった。  夜襲から諸将が帰ってくると、浜辺で凱歌が挙がった。 夜が白みかけるまで、夜襲は続き、日本軍の優勢のうちに終わった。

翌日は、両軍ともに機を覗いながら、互いに睨み合っていたが、合戦は無かった。
しかし、日本側では、志賀島・能古島が占領されているのが、気がかりになっていた。  その志賀島と能古島の奪還作戦が敢行されたのである。  干上がった「海の中道」 を通って志賀島に攻め込んだのは、大友頼泰(yoriyasu)の郎党30騎だった。  しかし、敵方の防戦に、結局は撃退された。

海上を能古島目指した日本軍については、途中で敵戦団に阻止されて能古島には到達できなかったと思われる。  激戦が続く中鎮西武士の間で、九州の武士ばかりが戦っている、関東の武士も戦ったらというささやきが聞こえてきた。
時宗がかねてから気にしていた不和が起こりそうだった。  しかし、翌日には安達泰盛の子盛宗(morimune)の出撃が、合戦に転機をもたらした。  この攻撃に合わせるように東路軍の各船が一斉に錨を上げて、博多湾外に出て行ったのである。

この東路軍の退却は、かつては日本軍の激しい抵抗に手を焼いて、東路軍が退却したのだと思われていたが、現在では真相が判明している。  東路軍内に疫病が流行し、すでに病死が3,000人に及んでいた様だ。   東路軍の兵士は、三十五日間も海上にいたのである。

東路軍が博多湾を出て行った理由は、補給を求めての事だった。  そして壱岐島を目指した。  江南軍との合流を図ったのである。

**神風意識の萌芽

六月、壱岐島付近の海上で、東路軍の軍会議が行われた。  壱岐島で合流し博多を攻撃する予定であった江南軍と合流できなかったからである。  都元帥の忻都(kinto)、右副元帥の洪茶丘(kou・sakiyuu)は、撤退帰国を主張した。  しかし、左副元帥の金方慶(kin・houkei)は何も言わなかった。

かって洪茶丘は、金方慶が蒙古に謀反を起そうとしていると訴えた事があり、洪茶丘へ強い憎悪を持っていたと思われる。  会議の決定は帰国となった。   しかし、この時江南軍からの使船が到着し、 「大宰府の西方、平戸にて会合せん」 と伝達してきた。

江南軍は、出撃前から兵糧の積み込みが遅れたり、都元帥が重病になり、代わって右副元帥の阿塔海(a・toukai)が都元帥に就任するなどで出撃が遅れていた。  この為兵船3,500艘、兵員十万という江南軍の出撃は十日以上の遅れとなった。

江南軍と連絡が付いた東路軍は、その指示に従って、日本の攻撃をかわしつつ肥前国・鷹島に向かって移動しつつあった。 一方の江南軍は、やや西方の平戸島の東北方の海上に集結しつつあった。 そして七月上旬には合流したようだ。

蒙古軍の上陸作戦が開始された・・・・・。  しかし日本軍の松浦党がすでに防備を固めており、さらに薩摩の御家人を率いた島津長久(nagahisa)が馳せ参じ、交戦し、東路軍の上陸作戦は失敗に終わった。
一方、江南軍は三方から鷹島に上陸作戦を敢行したが、松浦党を中心とした日本軍がこれを撃退し、江南軍の上陸作戦も失敗に終わった。  さらに両軍ともに日本軍の逆襲に備えて各船を鎖でつなぎ、甲板と甲板との間に厚板を敷いた。

七月三十日の夜、九州方面を大暴風雨が襲った。  翌日には京都でも暴風雨があったというので、台風だったかもしれません。
翌朝、東路・江南両軍の兵船の大部分は、すでに転覆していた。  各船が鎖で結ばれていたからなおさら風雨に弱かったのかも知れない。 近くの岩礁や小島に多数の敵兵が避難していた。  風雨が凪ぐのを待って日本軍は、兵船数百艘で、一大掃討作戦を展開。・・・この作戦は三日間続いたという。   多数の兵士が死亡し、生け捕られ博多に護送され、斬首された。  だが、将領たちは全員生還したとされる。


詳報が朝廷に入ったのは、閏七月十一日。    中納言勘解由小路兼仲(kanenaka)の「勘仲記」 に、

去んぬる朔日、大風、動き、かの賊船、多く漂没す。 誅戮ならびに正慮は数千人。  ・・・中略 ・・・  この度の事、神鑑、明らかなり   

とありますが、すでにこの時点で「神風」 という意識があったことが判ります。

文永・弘安の役・・・終わり  (次回へ)
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


文永・弘安の役 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉幕府八代執権・北条時宗 | ホームへ | 鎌倉幕府八代執権・北条時宗>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する