FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府八代執権・北条時宗

2018.01.07(07:00) 117

**霜月騒動

弘安七年(1284)4月、泰盛と頼綱の対立を押さえてきた時宗の死は、政治権力の主導権を巡っての対立が激化するきっかけとなり、泰盛の政治改革の失敗を契機に、ついに弘安八年(1285)11月、鎌倉幕府の政治史上画期的事件と云われる「霜月騒動」 が起こった。

翌年には、互いに自身の立場を主張、貞時(若い執権)に讒言し合ったという。    そうした中泰盛の嫡男宗景(munekage)が、曾祖父の景盛(kagemori)は実は右大将源頼朝の子であると主張し、その事を理由に源姓に改姓したと云う。   頼綱はこれをとらえ、「宗景は謀反を起し自分が将軍になろうとしていると、貞時に訴えた」 事が知られる。

これによれば、安達氏が少なからず現将軍にとって代わろうとする意志があった事を推測させる。 これに関して頼朝が所持していた名剣「鬢切」・(binkiri)を安達泰盛が密かに所蔵していた事が伝わる。
安達氏が日頃からいかに源家将軍に深い関心を寄せていたかを思わせる事柄である。

一方、頼綱の言葉巧みな訴えは、若い執権貞時の心を動かし、貞時が泰盛誅殺を許可した為、頼綱の動きは早く、軍勢指揮権のある侍所所司の地位を利用して、軍勢を整え始めた。

弘安八年(1285)11月、鎌倉中に異変が起こったようだ。・・・・・不穏な動きを感じた泰盛が、貞時館に向かった時に、御内人たちの襲撃を受けた事から衝突が起こり死傷者がでた。    これをきっかけにして戦火は鎌倉中に拡大し、将軍御所も炎上するという激戦になったが、午後には泰盛方が敗れ、泰盛以下嫡男宗景・弟長景・時景ら安達一族は、そのほとんどが討滅された。

*この事件は、11月。霜月にに生じたので、普通、霜月騒動、或は弘安合戦、秋田城介の乱と呼ばれる

この事件で、権勢を誇った安達泰盛は、弘安の改革に反発した平頼綱を中心とする御内人勢力に滅ぼされて五十五歳の生涯を終えるが、事件に関連して泰盛と共に滅ぼされたのは、どの様な人々であったか検証した。

安達一族の他、安達氏同族の大曽禰宗長(munenaga)、泰盛の母の実家甲斐源氏小笠原氏や足利(吉良)満氏(mituuji)、三浦氏一族の佐原頼連(yoritura)、さらに引付衆の二階堂行景(yukikage)や武藤景泰(kageyasu)、大江泰広(yasuhiro)・盛広(morihiro)らの大江一族、そのほか田中・小早川・天野・伊賀などそうそうたる有力御家人の名が連なっている。   その他の御家人を含め合わせると500余人が討伐されたり、自害した。

通説は、大多数の御家人が泰盛派に付いたと思われ、霜月騒動は泰盛を代表とする御家人層と、頼綱を代表とする御内人層との対立であると考えられてきた。・・・・・当然、この中には泰盛を深く信頼していた泰盛派の御家人も多くいたに違いない。  しかし近年、通説に対し、それだけの御家人が泰盛派であるならば、騒動の勝敗は逆転していたのではとの疑問が出ている。

弘安の改革は、御家人層を分裂させたこともあり、御内人代表の頼綱に味方した御家人もいたと考えられ、大多数の御家人が泰盛派とすることには問題がある。   御内人の代表頼綱に味方した御家人も多数いた事が、泰盛派が滅ぼされた要因と見るべきだろう。

この事件は、鎌倉で起こった事件にとどまらず、戦火は全国に及んでおり、特に九州では激しい戦いが行われた。  騒動の余波は全国に波及した点から見ると、泰盛の権勢はなかなか強大であり、泰盛がかなりの外様御家人から支持を得ていた事が推測される。
事件後の鎌倉では、北条一門で評定衆の金沢顕時(akitoki)が、泰盛に連座していた事から下総国に流された。 他に宇都宮景綱(kagetuna)、長井時秀(tokihide)など計五人の評定衆と七人の引付衆が排除された。

霜月騒動の結果、泰盛派勢力は没落し、北条氏得宗とこれを支える御内人勢力によって行われる得宗専制政治の体制が確立された。  その後御内人代表の頼綱に依って幕府の実権は約七年間にわたって掌握された。          (内管領の専権)

時宗の死後約十年の間に、泰盛が滅び、頼綱も滅び去って、時宗の時代に権勢を有した実力者のほとんどが消え去った。   その後、得宗専制体制の完成を目指して、得宗・貞時の新しい政治が始動したのです。   

鎌倉幕府八代執権・北条時宗公・廟所   円覚寺・佛日庵      
DSCN3342.jpg
鎌倉・北条氏家紋 三つ鱗鬼瓦  (前代・円覚寺方丈)×2   
DSCN3349.jpg
円覚寺方丈・白槇〈ビャクシン)    創建当初?
DSCN3348.jpg
円覚寺・舎利殿(国宝)・特別御朱印
DSCN3341.jpg


 終り

戊戌・甲寅・乙亥
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


時宗の政治その後 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉幕府の歴史書「吾妻鑑」 | ホームへ | 鎌倉幕府八代執権・北条時宗>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する