FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府の歴史書

2018.02.08(07:00) 126

**「吾妻鑑」・「鎌倉北条氏」

  *吾妻鑑が伝えた「鎌倉北条氏」・まとめ

  鎌倉時代の歴史書「吾妻鑑」 は鎌倉北条氏あるいはそれに近い人たちによって編纂された考えられています。   編纂された時期は13世紀中頃~14世紀初頭と言われています。   原本は未発見である。

現在私たちが観られるのは数系統ある「写本」またはその写しである。  (該当ヵ所参照)

 先祖の系譜すら明らかでない伊豆の土豪的武士団・北条氏は、婿に取った流人頼朝が鎌倉幕府の創始者となった事から、武家政権の権力の座を目指すレースへの参加資格を獲得した。

北条氏の庶子北条(江間)義時(yositoki)は気付いた時には戦いの渦中に身を置いていた。  頼朝没後に始まる熾烈な御家人間抗争は剥き出しの権力闘争以外のなにものではなく、義時は押し寄せる災難を振りはいながら戦い続けた。
結果として義時は勝ち続け義時の地位は押し上げられていった。  父や義母すらも打倒し、多くの人々を殺害し、義時はこの抗争の勝利者となった。  さらに承久の乱に勝利したのである。

追討宣旨を蒙りながらも、勝利した義時は後鳥羽上皇以下、三上皇を配流し天皇を廃位するという空前絶後の処置を断行する。
これもまた現実の権力闘争の結果であった。    この結果は義時に頼朝と並ぶ武家政権の創始者という評価を与え、義時の直系である北条氏得宗(tokusou)を鎌倉幕府の支配者たらしむ正統性の源泉となった。

頼朝没後の内部抗争は、源氏将軍家断絶という結末をもたらした。  これによって源氏将軍家の世襲という道は閉ざされ、将軍家を摂関家・藤原氏、さらに皇族へと変遷させていった。

その事は、将軍に代って幕府の政務をとる執権という役職を生み出した。   将軍と執権は幕府の権力を巡って対立を繰り返したが、やがて執権を世襲する北条氏の家督「得宗」 (tokusou)が、将軍を装飾的な存在に祀り上げ、幕府の実権を握るに至ったのです。

この様な政治体制が倫理化され、正当性が完全に付与されたのは、義時の玄孫・時宗(tokimune)の時代になってからである。 
時宗は生まれながらの得宗なるがゆえに、蒙古帝国と対峙する運命を背負ったのである。

父祖が築き上げた得宗への権力集中を成し遂げ、「将軍権力代行者」 となった時宗は、自身の権力を保証し、自己の必勝を確信させてくれる拠り所となる倫理を求めた。  すなわち、北条得宗家は、鎌倉将軍の「御後見」として幕府と天下を支配したのである。 (つじつまを合わせる事)

「鎌倉北条氏は、なぜ将軍に成らなかったのか?」という質問に答えるならば、北条得宗家は将軍の「御後見」なのであり、自ら将軍になる必要もなく、又成りたくもなかったのではあるまいか。?

だが、時宗によって完成され頂点に達した得宗権力は、自身の死によって形骸化の道を歩みだし、以後の鎌倉政権は迷走と混乱の果てに沈滞に陥り、やがて瓦解の時を迎えました。



運慶展・開催中 (金沢文庫)金沢文庫
 DSCN3552.jpg

中世・トンネル (金沢文庫と邸宅をトンネルで遮断)
中世・隧道
中世トンネル

戊戌・乙卯・辛未
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


鎌倉幕府・歴史書 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
<<幕府滅亡 | ホームへ | 鎌倉幕府の歴史書>>
コメント
>だが、時宗によって完成され頂点に達した得宗権力は、自身の死によって形骸化の道を歩みだし、以後の鎌倉政権は迷走と混乱の果てに沈滞に陥り、やがて瓦解の時を迎えました。

〇ブログ記事の配信、ありがとうございました。
 蒙古襲来と時宗、たいへん勉強になりました。
 とくに、当時の朝鮮半島の状況は、分りやすく、半島のなかにも蒙古に抵抗した勢力があったことを知り、最強のモンゴル軍と言えども、日本への侵略は一筋縄にはいかなかったことを感じました。一方、蒙古襲来という国難を迎え、時宗によって完成され頂点に達した得宗権力のもと、日本が一丸となって戦えたのは、幸運だったと思われます。
 草々
 
【2018/02/09 08:55】 | レインボー(ささげくん) #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する