FC2ブログ

タイトル画像

幕府滅亡

2018.02.28(07:00) 130

**鎌倉幕府滅亡へ

  安東氏の乱の最中、後醍醐天皇の討幕の密計が露見し、天皇側近の日野資朝(suketomo)、日野俊基(tosimoto)らが捕えられ鎌倉に送還された。    (正中ノ乱)
後醍醐天皇側近・少納言日野俊基卿終焉の地  (鎌倉・葛原ヶ岡神社)
DSCN3593.jpg
DSCN3592.jpg

正中三年(1326)3月北条高時の病状が悪化し、執権を辞し出家した。    幕府は長崎高資等の意向で連署の金沢貞顕を横滑りさせて対応した。   しかし、貞顕の執権在任は、長くはなかった。  在任10日間で執権を辞している。
高時の弟康家(yasuie)、その生母の大方殿(大室泰宗娘)及び安達時顕らが、反対したからだ。

若干の混乱の後、新体制が発足した。  新執権は赤橋流・北条守時(moritoki)、連署は常盤流・北条維貞(koresada)と決まった。 しかし、政務はこれ迄と変わらず、すべて得宗家の前執事長崎円喜の専断となっていた。

**元弘ノ変

  元弘元年(1331)4月、後醍醐天皇の再度の陰謀が発覚したとき、円喜の専断は成功した。  八月には比叡山を攻略し、九月には笠置山で天皇を捕え、楠木正成の赤坂城を陥落させた、さらに後醍醐天皇は退位して、隠岐島に配流された。  (元弘ノ変)

 後醍醐天皇の後、持明院統の量仁(kazuhito)親王が即位して光厳天皇(kougon)となり、正慶元年(siyoukiyou)と改元したが、隠岐に流された後醍醐天皇は、元弘年号を用いて、密書を諸国に送っていた。 そして護良親王・楠木正成等の宮方も動き始めていた。

**幕府の崩壊

正慶二年(1333)2月、後醍醐天皇が隠岐を脱出すると、俄かに宮方の動きは活発になる。 一方、幕府側は京都の拠点・六波羅探題を中心に防御力の増強を図りつつあった。  時の六波羅探題は北方が北条仲時(nakatoki)・(執権・基時の子)28歳、南方が北条時益(tokimasu)(元北方時敦の子)であった。

幕府は京都の守りを固め、さらに船上山の後醍醐天皇を討とうと、鎌倉から名越高家(takaie)・足利高氏(takauji)を派遣した。 
4月に入って八幡・山崎辺りに陣取る宮方の武士団と戦闘になり、激しく戦ったが、幕府方の武将・名越高家が敗れ戦死。一方の高氏はその報告に接し、軍を山陰道方面に進め、山城・丹波の国境に至ったところで後醍醐天皇側に付くことを明らかにし、諸国に強力を呼びかけ宮側に付いたようだ。

足利高氏の反乱軍と宮方の軍勢が京に進軍すると、六波羅まで追い詰められた両探題は天皇・皇太子・両上皇を伴って鎌倉に下ろうとしたが、東山道番場宿で合戦となって430名が戦死ないし自害したと、付近の寺院の過去帳に記録が残される・・・・・・。

足利高氏が幕府から離反した事で、それまで幕府の統率に従っていた多くの御家人が同じく離反し始めたのだ。 
一方東国では新田義貞(yosisada)が上野(kouzuke)で挙兵し、南下して武蔵に進み、多摩川の分倍河原(bubaigahara)において幕府軍を破った。 分倍河原の戦いが転換点となって、関東においても、これまで幕府の統率下にあった御家人たちが幕府を攻撃する側に転じていったのである

鎌倉の西の端、稲村崎の守りが破られ、戦場が鎌倉中に移り、得宗高時が引き籠った葛西ヶ谷(kasaigayatu)が戦場になり、高時は自刃し近臣達はその死骸が発見されぬように折り重なって自害し火を放ったという。(東勝寺・高時腹切りやぐら)
龍刃伝説・稲村ケ崎・・・・・稲村の富士
稲村ケ崎・石塔
2018・初富士
幕府終焉の地・東勝寺跡・・・・・・北条高時腹切りやぐら  (鎌倉・小町)
高時・やぐら
高時・東勝寺

鎌倉北条氏の得宗政権はここに滅亡した。

次回へ

戊戌・乙卯・辛卯
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


鎌倉北条氏 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<幕府滅亡 | ホームへ | 幕府滅亡>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する