FC2ブログ

タイトル画像

霜月騒動・安達泰盛

2018.11.30(07:00) 194

**安達一族

    守護国には上野国と泰盛が新たに拝領した肥後国がある。  上野国は弘安八年の霜月騒動迄泰盛が守護をつとめ、乱後に得宗分国に編入されて守護代は平頼綱がつとめた。  一方、肥後国は名越時章の守護国であったが、時章が死去すると泰盛が守護となり、霜月騒動後には上野と同様に得宗の所管する国となった。   他に三河国・遠江国・豊後国等の内に、地頭職であった事が史料的に見える。

**泰盛の家臣

「蒙古襲来絵詞」には建治元年(1275)頃の甘縄邸につめる泰盛の家臣が見える。  居間には芦名判官らがいて「秋田城介殿の侍、諸人出仕の体」とある。  玉村右馬太郎が取次をし、奥の居間には泰盛と長景、泰盛が季長に馬を贈るに際しての馬の引き役に佐枝五郎の名がみえる。  玉村氏は上野国玉村御厨にその名字を得たものなので、書き物に「執事玉村」などと見え、家政を取りまとめる執事であった。  玉村氏には、蒙古襲来で鎮西に下向した盛宗の家臣に玉村三郎盛清もいる。  芦名氏は三浦氏の一族で宝治合戦を契機に被官化したものであろう。 佐枝五郎は、玉村・芦名ほどの立場ではない。  その他、武蔵・上野・を中心に関係を築いただろうが、詳細は不明である、いずれにしても霜月騒動に連座して滅亡している。

**泰盛と一族の政治的位置

    政務への御家人の参加は、評定衆・引付衆が重要である。  評定衆は北条泰時が設置した。 政所・門柱所をその下部に従え、主要な御家人十人ほどが合議し裁断する組織であった。   引付衆は北条時頼が設置した。 訴訟を裁断するする引付は、番グループ編成をとり各番は評定衆のなかの有力者が頭人となり、頭人の許に数名の評定衆と引付衆に編成され、引付衆には有力御家人や北条氏一族の若年の者が編成され、これに奉行人が加わっていた。

  泰盛の時代、引付衆は評定衆への一階梯とされ、身分の微表となっていた。  この頃の幕府内の組織から安達氏の配置を見てみよう。 建長三年(1251)、引付は五番編成に改められ、安達義景と大曾禰長泰の二名が加わった。 さらに翌年二階堂行盛が加わった。  建長五年(1253)の引付の人事変更では義景の死去を受けて泰盛が一番引付となり、三番に頼景と大曾禰長泰が入った。  

   康元元年(1256)には泰盛が評定衆で五番引付頭人を兼ねるなどその地位を上げた。 この関係はその後も継承される。  大曾禰長泰が死去すると泰盛は五番引付頭人、引付衆に頼景が入る。

  弘安五年(1282)には、泰盛は五番引付頭人・評定衆、陸奥守となり、嫡男・宗景も評定衆に上った。 引付衆には長景と共に宗景の欠を補う形で泰盛の弟の時景が加わる。  泰盛は五番引付頭人でもあったが、他の四人の引付頭人はいずれも北条氏である。一方、引付衆には長景・時景が入り、大曾禰氏からは宗長が加わった。 一族・庶家合わせて五名。 さらに大曾禰氏から一名加わり六名になっていた。  弘安七年(1284)の評定衆・引付衆の総数は30名であり、全体の20%を安達氏一門が占めた。 北条氏は一族合わせて八名であるから、霜月騒動の直前、安達氏は北条一族と肩を並べるほどの勢力となっていた。
奈良・元興寺三門 (ならまち)
DSCN4440.jpg
元興寺(極楽房)
DSCN4439.jpg
DSCN4436.jpg

次回へ

平成30年戊戌・甲子・丙寅
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<霜月騒動・安達泰盛 | ホームへ | 霜月騒動・安達泰盛>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する