FC2ブログ

タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.02.28(07:00) 212

**三浦一族

**連携する氏族

   三浦氏は「介」として、相模国衙の機能の一つであった東京湾海上交通を管理していたのであるが、その事を媒介として房総の有力な三氏と連携する様になっていたのです。  しかも上総介・千葉・安西三氏ともそれぞれの国の国衙在庁と密接な関わりを持っていたことから、三浦氏が「介」を家職とすることにより、「兵の家」を形成・確立していく上で、様々な影響を受けた氏族なのです。

   上総介・千葉両氏は桓武平氏良文(yosifumi)流の二代後、平忠常(tadatune)の子孫である事が伝わる。 その忠常以来「千葉介」・「上総介」という肩書と共に先祖高望が培った国衙在庁との結びつきを保ちつつ、それぞれの地域での有力武士として発展していったものと思われる。  一方、安西氏の系譜は同じく桓武平氏良文の次の世代村岡忠頼(tadayori)の子孫と見える。 他に三浦氏の系図に、三浦為継(tametugu)の子義継(yositugu)の兄弟に「安西四朗」と注記のある人物の名が見える、おそらくは安房の安西家に入り婿したのであろうと推定される。

   次に上総介・千葉・安西三氏と三浦氏との関係は、陸路は武蔵国、海路は東京湾を挟んでかなり隔たっていたにも関わらず、意外に緊密であった事が判ってきた。  まず上総介氏とは、広常(hirotune)の代に弟頼次の妻として三浦義明の娘を迎えるという絆を結んでおり、この絆は頼朝の挙兵直後に生じた衣笠合戦に於いて遺憾なく表れている。
  すなわち石橋山の戦いに直接参戦出来なかった三浦武士団の主力は、帰途鎌倉の西南端の小坪で、追ってきた武蔵の秩父党と一戦を交えこれを撃退したとある、その後本拠の三浦郡衣笠城に再び秩父党の来襲を受け、奮戦したが衣笠城は落ち、当主三浦義明は城と共に自害した。    しかし、子供らは父の命に従い、頼朝のいる安房に向かったのである。

*衣笠城・・・・・(横須賀市・衣笠) 「兵ノ家」 三浦氏の居城 ・城主三浦義明。  衣笠合戦当時、籠城軍に、金田(上総)頼次(娘婿)が70騎余りを引き連れ参戦している。

   千葉・三浦両氏の連携を示す「吾妻鑑」からの記事を・・・治承四年6月27日条から・・・・・。京都大番役の為に在京していた三浦義澄(yosizumi)・千葉胤頼(taneyori)の二人が、下国の途中伊豆の北条館の頼朝に面会し、余人を交えず会談したという事で、京都で以仁王(motihitoou)の挙兵が失敗したあと、自身の進退について決断を迫られていた頼朝は、両名と京都情勢について話あったと云う。・・・・注目する点は、此の両人が、京都大番役勤務による状況から下国に至る間、行動を共にしていたという点で、そこに三浦・千葉両氏の日頃の連携ぶりを見てとれる。  さらに安西氏と三浦氏との関係は、先にも述べたが義継の代での入り婿が想定出来るほど近しいものいえるが、その他に清和源氏を媒介とする両氏の緊密な関係も推量できるのである。  

   いずれにしても上総介・千葉・安西三氏と三浦氏とは、ミウチ的な関係の他に、それらをてことして国衙在庁レベルでの相互連関の絆を保っていたものと思われるが、その事が三浦氏一族の発展にとってどのような意味があったのだろうか・・・・・・? 
参考資料・上総介、千葉氏系図
上総・千葉氏
相模国・三浦氏、上総介・千葉氏関連図
千葉氏勢力圏

次回へ  

平成31年乙亥・丁卯・丙申 
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<もののふ(兵)ノ家・三浦氏 | ホームへ | もののふ(兵)ノ家・三浦氏>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する