FC2ブログ

タイトル画像

もののふ(兵)ノ家・三浦氏

2019.05.30(07:00) 230

◆◆ 祝・令和元年・・・・・・・・・

**三浦一族

**三浦氏・再興は(続)

    実朝暗殺事件の首謀者が、北条義時でも、三浦義村でもなければ、誰が真実の首謀者なのであろうか。  結論を先に言えば、それは後鳥羽院と、取り巻く一群の貴族たちであったと考えられる。  歴史の流れを受け止めれば、後鳥羽院と貴族たちが、幕府の崩壊を願い、実朝の生命を縮めようと企画し、調伏の呪詛をしていた事は明白な事実である。
  彼ら、公家と言われる人たちは、実朝のみでなく、北条義時の死をも願い、調伏し呪詛していた。   軍記物語 「承久記」 等も、実朝暗殺の報に接した公家たちは、我事なりと欣快の情を抑えられなかったとしている。

    後鳥羽院は、実朝と義時の同時抹殺によって、幕府が労せずして自壊する事を願っていた。そして、実朝の死を弔う為と称する使者を鎌倉の送り、同時に上皇の寵姫伊賀局の所領で地頭が領主の命令を無視しているので罷免してほしいとの要求を幕府にしてきた。  この時、幕府は皇族将軍の鎌倉下向を希望していた。 幕府側では、執権義時の弟、時房(tokifusa)が選ばれて、一千騎を率いて上洛した。  
  時房は、長江・倉橋両庄の地頭廃止の要求を拒絶し、併せて皇族将軍の東下を再要求した。 しかし、後鳥羽院側は両地頭廃止を再要求し、皇族将軍の東下を拒否している。
  対し、幕府は地頭職保証の態度を貫いた。  その代わり皇族将軍の実現を諦め、九条道家の子で、僅か二歳の三寅(後の九条頼経)を鎌倉殿として、迎え入れる事について、上皇の許可を取り付けた。

   上皇側も、幕府側もともに相手の強硬さに驚いていたようだ。  ともかく、表面的には交渉が平和裡に妥結したかに見えた。  しかし、上皇方は武力討伐の決意を固め、準備を開始した。

   ついに、承久三年(1221)5月上皇は諸国の兵を集め、北条義時追討の宣旨を全国に発布した。   *この項では、承久の乱の詳細については省略する。

   後鳥羽院は、実朝と義時の同時抹殺によって、幕府が労せずして自懐することを願っていたとは先にもも述べた・・・。
  実朝暗殺の直接の下手人は公暁であるが、建暦元年(1211)落飾後、近江国園城寺にて、長吏公胤から灌頂を受け同寺で修業した。 後に鎌倉に帰り、八幡宮の別当となっている。

   公暁が西国にいた六年間には、後鳥羽院側近の公家たちとも、接触することもあったであろう。 公家の中には、源氏の姻戚にあたる九条家、一条家、坊門家それに西園寺家等があり、彼らは院政内部において、複雑な人間関係を形成していた。 

   また、公暁の母は賀茂重長(sigenaga)の娘で、実家の賀茂氏は暦道をもって代々朝廷に仕える家柄であった。 したがって、公暁が後鳥羽院側近の貴族たちと深く接触を持っていたとしても不思議ではない。
  公暁が、鎌倉に帰って二年間も雌伏していたのも、院政側との打ち合わせにより、実朝・義時の同時抹殺の機を待っていたのであろう。  朝廷側では、頼朝に日本国総追捕使・総地頭職の地位を与え、軍事・警察権の行使を認めた時、それは一代限りと思っていたかも知れない。  しかし、関東に成立した武家政権は、軍事警察のみでなく。経済や民政にも強い影響力を持つ恒久的な政権にまで成長していた。

   後鳥羽院側は、昔の様に天皇を中心とした公家による権力体制が回復されるのを希望していた。  そして公家側、幕府の権威者である将軍と、事実上の権力者である執権との同時殺害を意図していたと推理すれば公家側の策謀は実朝の暗殺は成功したが、幕府の自壊は起こらず、討幕は成功しなかったことになる。
実朝の墓  鎌倉五山三位・臨済宗建長寺派 壽福寺 (鎌倉市・扇ヶ谷)
実朝墓・寿福寺
壽福寺参道(春)
寿福寺・参道
実朝・生誕八百年記念碑 (壽福寺三門)
実朝生誕800記念

次回へ

令和元年乙亥・庚午・丁卯
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<もののふ(兵)ノ家・三浦氏 | ホームへ | もののふ(兵)ノ家・三浦氏>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する