FC2ブログ

タイトル画像

剛勇・武略 畠山重忠

2019.07.30(07:00) 243

**畠山一族

**畠山氏の所領

    頼朝は平氏知行国であった武蔵国を自身の手に収めた。  一門の平賀義信(yosinobu)を武蔵守に推薦して武蔵国支配を始めた。

   武士の軍事的テリトリーの中核には所領がある。 拠点となる所領があるからこそ、その周辺の武士と関わり、軍事的テリトリーを形成できるのである。 したがって、重忠世代までの畠山氏の所領を確かめる必要がある。(史料からの推断)


①   武蔵国男衾郡畠山郷
  畠山氏の名字の地であり、重能(sigeyosi)-重忠と継承された公領の郷と考えられる。
②   武蔵国男衾郡菅谷・平沢寺
   重忠の館が武蔵国菅谷館とされている事から問題ない。 平沢寺は菅谷館の北1・5㌔の位置にあり、東日本で最大級の四面堂を有する大寺院であった事が確認されている。
③   武蔵国男衾郡得茂々
   重忠が滅亡した後、畠山氏の名跡を継承した畠山義生が、父泰国から譲られた所領である。 男衾郡に所在する事からみて、重忠の旧領であったと考えられる。  
④   武蔵国埼玉郡長野 
   重忠の弟・長野三郎重清の名字の地
⑤   武蔵国橘樹郡稲毛荘
   重忠の父が立荘に関与したと推定される荘園であり、弟澁口六郎重宗の名字の地が荘内に見える。
⑥   比企郡大蔵
   秩父重綱の後継者重隆の居館のあった地、大蔵合戦の後に畠山氏の所領となる。    (大蔵・・・・比企郡嵐山町)
⑦   武蔵国男衾郡鉢形
   重忠滅亡後に、姻戚関係にあった島津氏の始祖・島津忠久が鉢形など畠山氏の所領の一部を継承したと考える
⑧   武蔵国春原荘
   重忠の旧領を与えられた新田尼が岩松時兼に、春原荘を贈与している。
⑨   武蔵国多摩郡杣保(somanoho)
   秩父江戸氏と関わりの深い三田氏が、重忠滅亡後、江戸氏の支援を受け杣保に権益を形成したと思われる。 杣保(青梅市・奥多摩氏・羽村市)には重忠伝承が多く残っている。
⑩   伊勢国治田御厨
   重忠謀反疑惑の発端となった所領。 義仲・平氏追討の勲功によって得たものと考えられる。
⑫   陸奥国長岡郡
   奥州合戦の勲功所領として拝領。  重忠が滅亡した二俣川合戦の際、弟の澁口六郎重宗が奥州にいた事が判っている。 重宗は重忠の代官として長岡郡に赴いていた可能性が高い。
⑬   信濃国某所
   重忠が滅亡した際、弟の長野三郎重清が信濃国にいた事が判っている。 重清も重宗同様、重忠の代官として信濃国に赴任していたと考えられる。

   以上、畠山一族が保持していた可能性が高い所領を列記した。  鎌倉幕府に於ける重忠の立場を考えると、重忠やその一族の所領は、列記しものよりはるかに多かったと考えられる。
畠山氏・所領  
畠山氏・所領
畠山一族・系図
DSCN5236.jpg
鎌倉風景・浄光明寺三門
浄光明寺三門

◆ 以上、畠山一族の所領については、 清水 亮氏 「秩父平氏の嫡流」(吉川弘文館) を参照した。

次回へ

令和元年乙亥・壬申・戊辰
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<剛勇・武略 畠山重忠 | ホームへ | 剛勇・武略  畠山重忠>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する