FC2ブログ

タイトル画像

剛勇・武略 畠山重忠

2019.08.30(07:00) 249

**畠山一族

**二俣川合戦

   北条時政は、重忠を滅ぼす計画を実行に移した。   
  同族の稲毛重成の招きに応じた、畠山重保は鎌倉に入った。

  北条時政は既に畠山親子を誅殺する企てを、子息の義時・時房に打ち明けていた。  時政がこの計画を決意したのは、重保から中傷を受けた平賀朝雅からの「讒訴」 を、時政の妻牧の方が時政に伝えたからだという。   (吾妻鑑)

  稲毛重成は重忠の従兄弟であり、畠山流の一員として重忠親子とつながりを持っていた事は疑いない。  畠山重保が重成に招かれて武蔵から鎌倉にやってきたのは、彼らが実際に一族として活動していた事を示している。  しかし、以前にも述べたが重成・榛名重朝ら小山田有重の子息たちは、重忠とは微妙な関係にあったと考えている。  重成・重朝は、重忠と異なり頼朝の側近くに仕えており、彼らもそのような待遇を望んでいた節がある。  したがって、重成・重朝兄弟と重忠一党との間には、親近感と緊張感が併存していたと思われるのである。
  時政は両者のこのような関係を知っており、重成を味方に引き込んだのであろう。  重忠親子を誅殺した後に残る秩父平氏嫡流の有力者は、小山田有重の子息たちである。  重成は、重忠誅殺後に秩父平氏嫡流の族長になる事を望んで、時政の誘いに応じたと考えられ、利害が一致したのである。

   さて、計画を打ち明けられた子息義時・時房は、時政の考えに強く反対した。  
 彼らは、畠山重忠は右大将軍に忠直であった。 又、比企氏との合戦には味方に忠節を尽くしてくれた、我々との礼を重んじたからです。 しかし、何の憤懣があって叛逆を企むのでしょうか・・・・・。 
もし、度々の勲功をお捨てになり、粗忽に誅殺したならば、後悔するでしょう・・・。と反対の態度を示し別れている。 

   その後、義時の屋敷に時政の後妻 牧の方の使者が訪れ義時を説得している。  どのような説得をしたかは不明であるが、その後事態は大きく動き出したのである。  (吾妻鑑6月21条)

   まず畠山重保が謀反の知らせを受け郎党三人を率い由比ヶ浜に向かったところで、三浦義村の郎従佐久間太郎らに囲まれ、殺害されてしまった。      (謀殺である)
  三浦義村は、重忠親子が誅殺されるという情報を得て迅速に動き、重保を殺した。  義村は二十五年前、秩父平氏嫡流に率いられた軍勢に祖父三浦義明を殺害された恨みを晴らしたかったのである。

   この情勢に畠山重忠が鎌倉に入るという情報に幕府の意思が決定された。  北条義時が大手の大将軍として進発した。  北条時房は、重忠の退路を断つべく、武蔵府中と水力交通の要衝である関戸(多摩市)方面を固める大将軍として進発した。

   畠山重忠は鶴ヶ峰の麓に陣を張った。  従った者たちは、次男小次郎重秀、郎従の本田近常・榛沢成清以下の134騎であった。  この時、弟の長野重清は信濃国に、澁口重宗は陸奥国に居り、重忠の子息と側近によって軍勢が構成されていたと思われる。
  重忠はこの陣中で、当日の朝重保が誅殺された事を知り、また幕府軍が襲来することを知った。  側近たちは軍勢の多さに、本所に籠っての籠城戦を進言したが、重忠は陰謀の企みを怖れ、又、この様な推察を受ける事を恥じ、後進の戒めとしたと思われる。
武蔵国・二俣川
二俣川由来の地
鎌倉古道・二俣川付近  (中の道)
鎌倉古道・中ノ道
武蔵国・二俣川古戦場跡   (横浜旭区・二俣川)
二俣川合戦古戦場跡
次回へ

令和元年乙亥・癸酉・己亥
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<剛勇・武略 畠山重忠 | ホームへ | 剛勇・武略 畠山重忠>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する