FC2ブログ

タイトル画像

剛勇・武略 畠山重忠

2019.09.20(07:00) 253

**畠山一族

**畠山重忠の家族

    重忠の妻妾で判っているのは、北条時政の娘と足立遠元の娘である。
  重忠と一緒に死んだ小次郎重秀は、その時二十三歳で遠元の娘が母であった。

  六郎重保は実朝の室を京都まで迎えに行ったりしているので、どうも嫡子のようだ。 時政の娘が生んだ子で間違いない。
  六郎という呼び名は六番目の子となるのだがどうもはっきりしないが、年齢は、京都に一緒に行った政範が十六歳という事から、どうも重秀より若かったと考えられる。  歳が下でも母の出自が良ければ嫡子とするのがこの頃の例である。 他に男子二名、女子一名等が見えるがよくわからない。

    重忠夫人、時政の娘は、その後 足利義兼の次男・岩松義純に嫁し、畠山三郎泰国を生んでいる。  義兼も時政の娘を夫人としていて、北条とは親しい関係にあったと思われるので、この点からも北条氏が武蔵国を掌握しようといていた事が窺える。 この畠山の子孫が後に足利幕府の管領となるのである。

**二俣川の戦い

   幕府の重臣で文武両道に輝く畠山重忠は、北条時政とその妻牧の方姦計にはめられ、謀反人に仕立て上げられ、元久元年(1205)6月、帷子川の鶴ヶ峰に着いた、重忠はここで初めて自分が謀反人にされている事を知るが、平服の重忠は130余騎で、帷子川の南(万騎が原)で待ち受けていた北条義時率いる総勢一万騎を超える大軍と四時間に及ぶ死闘の末、42歳の生涯を終えた。

   現在の鶴ヶ峰本町(二俣川合戦地)に薬王寺という曹洞宗の寺院がある。  境内には重忠はじめ、討ち死にした一族郎党130余騎が祀られる霊堂があり、金箔の位牌が残される。 付近には郎党が祀られる「六つ塚」があり、塚の周辺には供養の畠山地蔵が建てられている。

**陰謀の真相

   牧の方の陰謀に時政が加担していたらしいという風評が飛ぶと、即座に北条政子は弟義時、三浦義村、結城朝光らに命じて、時政の名越邸に居住する将軍実朝の身柄を迎え出させ、義時の大蔵邸に移させた。 
  この処置は、時政・牧の方両人の陰謀という噂が事実であった事を裏書きするものであった。  少なくとも、尼将軍北条政子が父時政を信じてはいず、弟の義時を信じているという事を示していた。

   その直後、執権時政の名越邸に詰めていた御家人の姿が名越邸から消えたという。  時政の政治生命は断たれ、翌日には執権職を辞し、鎌倉をはなれ伊豆北条に引退した。

   代わって北条義時が執権の座に就いた。  この時には、義時・時房兄弟が父時政、義母牧の方の畠山重忠謀殺の命に強硬に反対したものの、心ならずも父の下知に従ったのだという風評が、すでに鎌倉中に流布されていた。
 重忠の戦死後、並み居る御家人たちの前で義時が時政に報告した言葉が、諸人の胸に甦った。  重忠の首を陣頭で見た時、義時の目に涙が見えたという噂も付け加えられていた。 そして尼将軍政子が将軍実朝身柄を義時に預けた事は、時政の陰謀に義時が加担していなかった事を示していた。


   時政の執権職辞任、義時の執権職就任は、御家人たちになんの不審も抱かせる事無く実現された。   やがて、京都に向け平賀朝雅追討の討手が差向けられ、武蔵守の職は空席になった。 

   二年後の承元元年(1207)正月、義時の弟、北条時房が武蔵守に就任し、北条氏の武蔵侵攻は完了した。
  北条氏一族としては、時政の政治生命ひとつを犠牲にする事によって、武蔵一国を手中に収めたのである。
北条時政公墓所 (伊豆の国市・願成就院)
北条時政公墓所(願成就院)
畠山一族を祀る薬王寺 (横浜旭区・鶴ヶ峰)
薬王寺・一族祀り
畠山重忠公・首塚 (横浜旭区・鶴ヶ峰)
重忠公・首塚

(了)

令和元年乙亥・甲戌・庚申
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉の石塔・周辺の風景R | ホームへ | 剛勇・武略 畠山重忠>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する