FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.01.30(08:00) 278

**戦国大名・北条一族

**宗瑞・房総進出へ

   三崎城を攻略した後、宗瑞は三浦郡と江戸湾を挟んで対岸に位置する上総国に渡海し、東上総の藻原(茂原市)に侵攻している。  さらに、上総真里谷武田氏による下総小弓原氏方の真名城(茂原市)攻略に参戦している。・・この年、宗瑞の家臣伊那盛泰が江戸湾沿いの品川妙国寺(品川)に禁制を出しているから、宗瑞は上総から江戸地域にかけて、海上から軍事行動をした事が見える。
  当時、上総国では真理谷武田氏と小弓原氏との抗争が展開されており、武田氏は真理谷城(木更津市)を本拠に、西上総一帯を領国としていた。  一方の小弓原氏は、下総千葉氏の執権で、下総国の江戸湾沿いの南端小弓城(千葉市)を本拠に、下総国の江戸湾沿いから上総国北部にわたって領国を展開していた。 両勢力は上総国北部の領有をめぐって抗争していた。 宗瑞の上総への侵攻は、いずれも真理谷武田氏を支援してのものであった。  宗瑞は相模経略後に、この抗争に介入し、そのまま対岸の上総に進出していったのであろう。

   真理谷武田氏は、当主信清の姉妹が三浦義意の妻で三浦氏の姻戚であったので本来ならば三浦氏支援の立場にあったのだが、三浦氏を滅亡させた宗瑞をその直後から味方につけて、小弓原氏との抗争に引き込むというのは、三浦氏滅亡の前後に真理谷武田氏の政治的立場に変化があったか、小弓原氏との抗争を優先させたか、いずれかであろう。
 いずれにしても宗瑞は、三浦氏を滅亡させた直後に真理谷武田氏と盟約を結び、その支援を行って上総に進出していった。  その結果として、藻原(茂原)近辺の二宮荘の領有を遂げたようである。 宗瑞が同荘を獲得したのは、そうした真理谷武田氏への援軍の結果であろう。 おそらく宗瑞は、小弓原氏から二宮荘を直接、経略したため、真理谷武田氏からも領有を承認されたのであろう。

**伊勢氏の代替

   永正十五年(1518)4月に、宗瑞のライバルともいうべき扇ヶ谷上杉建芳が死去し、その家督を養子朝興が継承した。 建芳は永正の乱における一方の主役を勤め、足利政氏・義明親子を支援していたが、死去を契機に政氏は政治的隠遁を遂げ、永正の乱そのものは終息を見せた。
  しかし、政氏の政治勢力の後継者である義明は、真理谷武田氏の要請を受け上総に入り、小弓城に入部して、小弓公方家を創出した。 これによって上総は古河公方足利氏(高基),小弓公方足利氏(義明)との抗争という、大きな政治的枠組みのなかで展開される事になった。  

   どうやら宗瑞はこの時期に隠居したらしい・・・・・、伊勢氏当主として記録に残るのは永正十五年2月が最期であり9月には、嫡子氏綱が当主として活躍しているから、その間に宗瑞の隠居が為されたと思われる。
 この時期に、上杉建芳の死去、小弓公方足利氏の成立という宗瑞をめぐる政治状況は大きく変化しているから、隠居はそうした政治状況の変化を受けて行われたと考えられる。 その契機として最も可能性の高いのは、やはり小弓公方足利氏の成立であろう。 宿敵扇ヶ谷上杉氏との和睦が成立するのも足利義明の周旋によると考えられる。 <                   
  *この時期に宗瑞─氏綱の文書発給体系の改革を行ったと考えている 

   宗瑞から氏綱への代替りは、小弓公方足利氏の成立に伴うものであったと考えて間違いないであろう。  宗瑞は長年にわたって扇ヶ谷上杉氏と抗争をしており、しかも相模一国を経略したという経緯を有していた。  小弓公方足利氏を中心とした新たな政治勢力の形成にあたって、そうした経緯を有する宗瑞がそのまま参加する事は、扇ヶ谷上杉氏からは受け入れられず、障害になっていたのではないだろうか。 そのため、扇ヶ谷上杉氏と激しく抗争した宗瑞は後景に退き、新たな当主のもとで小弓公方足利氏の勢力参加し、同時に扇ヶ谷上杉氏との和睦を成立させたのではないか、伊勢氏と扇ヶ谷上杉氏の和睦は、互いに新たな当主同仕によって結ぶ事が出来たのであろう。
関東管領・扇ヶ谷上杉氏邸宅跡     鎌倉・扇ヶ谷
扇ヶ谷管領屋敷跡
小田原城・掘割 大手門     小田原市
DSCN5650.jpg
小田原城天守    城内より
DSCN5669.jpg

次回へ

令和二年・庚子・戊寅・壬申
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する