FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.02.29(10:30) 284

**戦国大名・北条一族

**北条への改姓

   氏綱は、大永三年(1523)に、名字を「伊勢氏」から「北条氏」に改めている。  北条名字は、言うまでもなく鎌倉幕府執権北条氏に由来するものであり、北条氏は代々相模守に任官されて「相模太守」と称された。  氏綱が着目したのは、この「相模太守」北条氏としての政治的立場であった。

   宗瑞は、関東の政治勢力からは「他国の逆徒」と称されて、関東に於いては、よそ者の侵略者として扱われていた。  伊勢氏は小田原への本拠移転に伴って、伊豆国主から相模国守へと転換したが、正当な相模国守として同国守護職を継承する扇ヶ谷上杉氏が存在したため、氏綱の相模国守としての政治的立場は、周囲からは容易に承認されなかったのである。
  その為氏綱は、国内の領主・民衆の精神世界を支配する有力寺社の造営事業を進め、外護者としての立場を確立して、実質的な相模国守としての政治的立場を獲得した。 さらに、それを踏まえて北条への改姓を行い、前代における相模の正統な支配者であった鎌倉北条氏に、自らを擬した。

   上杉の名字は関東「副将軍」の名字であり、その名字に対抗しうるのは、前代における日本の「副将軍」の名字である北条の名跡であった。  氏綱はその名跡を継承する事によって、扇ヶ谷上杉氏に対抗し、「他国の逆徒」  論に対抗しうる、自らの相模支配の正当性を図ったとみられる。  こうして、伊豆国主伊勢氏は、相模国守北条氏へと転換を遂げ、戦国大名小田原北条氏が成立したのである。

   その後、従五位下に叙任され、室町将軍家の相伴衆にも列せられ、国家の身分秩序体系の中にも明確に位置づけられた事を示している。 さらに、氏綱の領国支配権は、国家的にも承認され、周辺の今川・武田・上杉らと対等の「大名」としての家格・身分を獲得したのである。

**武蔵をめぐる攻防

   大永年間(1521~28)に入ると、氏綱はいよいよ両上杉氏領国への進出を開始した。   そこで武蔵小机領(横浜・川崎)小山田荘(町田市)を経略し、相模・津久井地域の内藤氏、武蔵由井領(府中市)の大石氏等を服従させていた。   
  これに対し、当時は武蔵江戸城を本拠としていた扇ヶ谷上杉朝興は、対立関係にあった古河公方足利高基方の山之内上杉憲房に和睦の締結を申し入れ、同時に今川・北条両氏と対立関係にあった、甲斐の武田信虎との結びつきを画策していた。
  しかし、氏綱は上杉朝興が以前の本拠であった武蔵川越城に着陣していた隙をついて、多摩川を超えて江戸地域に侵攻し、朝興の重臣で江戸城の留守を守っていた太田資高を内応させ、同城を攻略した。
 


    江戸城は、関東の流通における主要幹線とも云うべき、隅田川・荒川・入間川の出口の一角に立地する要地にであった。 その為、同城の攻略は、内海支配にもつながる性格を有していた。 この後、氏綱はこの城を拠点として武蔵北部・下総への侵攻を進めた。

   江戸城の攻略により、氏綱の勢力は一気に入間川まで北上し、さらに入間川を越えて、扇ヶ谷上杉氏の重臣であったが氏綱に内応した太田資朝が、古河公方足利氏奉公衆の渋江氏が立て籠もる岩付城(岩槻)を攻略。  さらに氏綱は関東足利氏一門の渋川氏の本拠蕨城(戸田市)を攻略し、上杉方の城主を降伏させている。
 こうした氏綱の鋭い進撃を受け、河越城に在陣していた上杉朝興は、上杉憲房が在陣する藤田陣(埼玉・寄居)に移り、憲房・信虎の援軍を得て反撃に転じ、まず河越城を奪還、続いて岩付城の太田資頼を破るなど反撃すると、氏綱は一時的に和睦を提案している。 
太田資頼祖・太田道灌邸跡・・・・現英勝寺(始祖英勝院)
DSCN3783.jpg
関東管領・扇ヶ谷上杉氏邸跡     鎌倉市・扇ヶ谷
扇ヶ谷

次回へ

令和二年・庚子・己卯・壬寅
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する