FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.03.30(08:00) 290

**戦国大名・北条一族

**氏康反撃す‼

   氏康はそのまま松山城を攻略し、重臣垪和(haga)伊予守を在城させた。  東西両面での敵対勢力の侵攻に対し、今川氏・武田氏とは河東地域の放棄を引き換えに和睦を成立させ、両上杉氏に対してはこれを撃退して河越城の確保を遂げたのである。 それだけではなく、扇ヶ谷上杉氏を滅亡させ、かつての関東管領山之内上杉に軍事的勝利をおさめ、同氏の衰退を決定付けるという大きな成果を得た。
 その後、氏康は房総に於いて対立関係にあった里見氏の攻略を図り、その本拠地上総佐貫城(富津市)を包囲し、これを攻略。 こうして、旧扇ヶ谷上杉氏領国すべての併合を遂げた。

**管領・山之内上杉氏の没落

   氏康は続いて、山之内上杉氏領国の経略を進めていき、天文十七年(1548)には、上野国峰城(群馬・甘楽町)の小幡尾張守憲重を上杉憲政から離反させている。 さらに、武蔵花園城(埼玉寄居町)の藤田泰邦を旗下に従え、軍勢を山之内上杉氏の膝元にあたる西上野にまで進軍させている。

   天文二十年冬、氏康は山之内上杉氏攻略の為の軍備を整え、翌年二月、武蔵西北部へ進軍した。  山之内上杉氏の武蔵国唯一の拠点として御嶽城(埼玉・神川町)があった。 山之内上杉氏の当主憲政の嫡子竜若丸を擁し、城主安保全隆が拠っていた。  北条軍は、二月上旬に攻撃にかかり、三月初めに安保氏の投降によって攻略は終わった。 竜若丸は捕縛され、後に処刑される事になる。

   この御嶽城落城は山之内上杉氏に大きな動揺をもたらし、西上野の国衆や東上野の赤石城(伊勢崎市)の那波宗俊らは氏康に応じた。  さらに憲政の馬廻衆の中からも離反者が続出する事態となった。
  西上野の国衆とは、これ以前から氏康に従属していた国峰城(群馬・甘楽町)の小幡憲重をはじめ、安中城(安中市)安中長繁、箕輪城(高崎市)の長野業正らと見られる。

  憲政は平井城(藤岡市)の維持は困難と見て、退去をはじめ、新田金山(太田市)城主横瀬成繁や家宰筋の下野足利(足利市)城主長尾当長を頼ったが、彼らも氏康に応じた周辺の国衆から攻撃を受けたため両城に入ることが出来ず、重臣筋の白井長尾憲景の本拠、北上野の白井城(渋川市)に逃れた。

   天文二十一年五月、長尾景虎を頼って越後に没落した。 こうして、関東管領職を歴任してきた山之内上杉氏はついに没落を遂げた。  しかし、これによって上野の領国化が遂げられたわけではなかった。  金山城の横瀬成繁をはじめ、厩橋城(前橋市)の長野賢忠、桐生城(桐生市)の佐野直綱など、国内には山之内上杉与党勢力の抵抗があり、隣接する下野でも足利城の長尾当長、佐野城の佐野豊綱らも氏康に敵対していた。  さらに憲政も越後没落後は出家して成悦と号していたが、長尾景虎に関東復帰の支援を盛んに要請していた。 景虎はそれを容れて、越後勢を関東に侵攻している。

   景虎(後の上杉謙信)の関東在陣がいつごろまでに行われたかは、判らないが同年十月、従軍する越後の武将に陣労をねぎらう書状が見られるので、その頃までは在陣していたとみられる。
鎌倉春・三題   臨済宗・円覚寺派  錦屏山・瑞泉寺参道    
瑞泉寺参道
ムラサキ・ハナナ   (瑞泉寺)
諸葛斎(瑞泉寺)
スイセン    (瑞泉寺)
DSCN5833.jpg

次回へ

令和二年・庚子・庚辰・壬申
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する