FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.04.30(09:00) 296

**戦国大名・北条一族

**氏政の登場

   氏康の子氏政は、その次男であった。  母は瑞渓院殿。  天文十一年(1552)に兄新九郎が夭折した為、代わって嫡子となった。 天文十年の生まれ、幼名は松千代丸。  父氏康は、室町幕府に氏政を家督継承者と定めた事をもって、将軍家相伴衆化を申請祖ている。 兄新九郎死去の二年後であるから、氏政がそれに代わって新たな嫡子として取り立たれていた事が判る。また元服もそれ以前に行われていたと考えられる。

   天文二十三年、氏政は武田晴信の娘黄梅院殿を正室に迎えた。  先に記述したように、甲相駿三国同盟の形成の一環による。 しかし、実質的な主導権は「御本城様」と称された氏康の下に置かれ、領国支配や外交関係についても引き続き氏康が中心になって行われた。

   永禄四年ころから氏政の活動が見られるが、まだ限定的である。  氏康の発給文書よりも、氏政のそれが質量ともに優越するようになるのは同八年頃からである。 氏政は当主歴代の官途名左京太夫に任官し、氏康は代わって相模守に受領している。 さらに氏康の出馬が少なくなっている。氏康は実質的に隠居状態となっていたようだ。  これによって氏政は、外交関係や家臣団の統制などの側面を中心にして、実質的に北条氏当主としての活動を始める。

**代替り政策の遂行

   元亀二年(1571)「御本城様」氏康の死去により、氏政の単独政権が誕生する事となり、家督継承から十二年が経っており、氏政は、ようやく名実ともに北条氏権力の最高実力者となった。34歳である。  氏康の死去も北条氏にとっては「代替り」と認識されており、氏政は、家臣の軍役人数の改定や検地などの「代替り」の政策を行っている。
  氏政が、氏康の死去を契機に北条氏権力の最高実力者として最初に行った政策は、外交政策の大転換であった。 すなわち、越相同盟の破棄と、甲相同盟の復活であった。  これについては、既に風聞されており、上杉謙信から詰問を受けて氏康がこれを否定している事から、氏康生前からの懸案であった事が窺われる。 又、他の史料等から氏康の死去に際して越相同盟の破棄と甲相同盟の復活を氏政に遺言されたとしている事から、この外交政策の転換は北条氏にとっては一定の既定路線であったとみられる。
  同盟締結後、度重なる援軍要請に一向に応じようとしない謙信に対して、北条氏は越相同盟の不実用性をを認識しており、氏康死去を契機に実現された。

   武田氏との同盟交渉は、極秘裏に進められ、北条氏の御一家衆・家老らにも締結寸前に知らされたという。  氏政は直ちに弟・氏邦に命じて、北条氏に従属する上野国衆に対して上杉氏方への戦略を指令した。  そして上杉氏とは互いに同盟関係の破棄を通知する「手切れの一札」を交わした。  また武田氏との同盟締結にあたっては、互いの分国の承認と不可侵を協定する「國分」が行われた。 関東については北条氏の領有権が認められ、武田氏はこれに干渉しない事、ただし武田氏が支配している西上野に関しては武田氏の領有を認め、北条氏からは干渉しないことが協定された。
  そして駿河・武蔵に於いては、国境確定が行われた。 まず駿河げは、狩野川・喜瀬川を境にして西側が武田領とされて、両河川の西側に存在した北条領は、武田氏に割譲された。 すなわち、駿東郡興国寺城(沼津市)・平山城(裾野市)である。 次に武蔵では、上野・武蔵国境がそのまま国境とされ、武蔵側に存在した武田領の御嶽城が北条氏に割譲された。

   天正五年、氏政の妹が武田勝頼(信玄の後継者)に嫁ぎ、両氏の同盟関係は再び婚姻関係が伴う強固なものとされた。
戦国北条四代当主・北条氏政・・・正室・側室
四代氏政代
小田原城天守・小田原駅新幹線口~
小田原城・天守

次回へ

令和二年・庚子・辛巳・癸卯
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する