FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.05.30(07:30) 302

**戦国大名・北条一族

**圧倒的な織田軍の力

   北条氏は、信長からの詳しい連絡が無かったため、このころは、織田氏と武田氏の戦闘状況について情報収集に努めていが、ようやく織田氏からの連絡を得たとみえ、早々に陣触れを発し、駿河・上野への侵攻を開始した。 駿河方面へは北条氏規(氏政弟)・太田源五郎(氏政次男)を大将として、徳倉・沼津両城と深沢城(御殿場市)を相次いで攻略し、吉原(富士市)まで侵攻して河東地域一帯を制圧した。   さらに富士川沿いを北上して、甲斐に向けて進軍している。一方、上野方面では氏邦を大将として、神流川を越えて西上野に進攻し、箕輪内藤昌明・和田信業らの調略に成功している。

   勝頼は織田軍の侵攻を阻止できず、信濃から甲斐に後退し、さらに、本拠・新府城(韮崎市)からも退去して郡内方面への逃避を図った。  方や織田方では、信長がようやく出陣したのは、その翌々日の事であった。先陣の信忠は早くも甲斐に進攻し甲府に本陣を据えている。  また、信忠の弟信房らは上野に進攻し、武田方の国衆らの従属を進めている。
 追い詰められた勝頼は遂に、東郡田野(甲府市)において滝川勢の攻撃を受けて、妻桂林院殿(氏政の妹)・嫡子信勝ともども自刃している。 ここの武田氏は滅亡することになる。

   信長は信濃諏訪に陣を構え、降参衆らの出仕等を受けた。  氏政は湛山という者を使者として信長に進物を送ると共に祝儀を言上し、その後三回に渡って進物を進上している。

    北条氏は、武田氏滅亡の時点で駿河河東地域、上野中央部を制圧していたが、信長による旧武田領国の仕置きで、上野は東国への取次を担当した滝川一益に、駿河は徳川家康に与えられ、北条氏は全くその配分にあずかれなかった。むしろ、北条氏の勢力下にあった東上野も、信長の領国として確定され、北条氏は上野からの後退を強いられた。

   武田氏滅亡後、氏政は、伊豆三島社に願文を捧げている。 願文の趣旨は「信長公がかねての約束通りに、氏直への娘の輿入れを一刻も早く実現してほしい」というものである。  さらに「輿入れが実現すれば北条氏と織田氏との関係は入魂となり、氏直の関八州の領有も実現される」と述べている。  氏政が信長との婚姻関係の成立を切実に願っている事が解かる。
  北条氏が数年にわたって抗争していた武田氏を、僅か一か月で滅亡させてしまった織田氏の圧倒的な実力を目の当たりにした氏政は、信長との友好関係なくして自家の存続と発展はありえないという事を認識していた。

   天正九年3月、滝川一益は織田信長から上野一国・信濃ニ郡を与えられたが、それ以前に西上野の箕輪城(高崎市)に入城して、領国支配の拠点とした。  そして上野国衆を自身の許に出仕させ、人質を徴収するなどし、本領・新恩の知行などを行って、上野国衆の把握を進めていた。  同時に下野・上総の国衆、安房里見氏、陸奥の芦名氏、伊達氏らの関東・南奥の緒領主に対し、織田氏への従属、或は友好を呼びかけている。

   ところが、この年6月2日に京都本能寺の変によって信長が死去した為、俄かに織田分国は分裂化の様相を示した。 信長死亡の情報は同10日前後には関東の緒領主も入手し、事の真相を一益に尋ねている。 これに対し一益は緒領主の動揺を怖れてか、つとめて平静を装う返答をしている。
武田氏・印  上杉氏・印  織田氏・印(天下布武印)
名将・印判
戦国北条氏・累代朱印
虎・調の印判

次回へ

令和二年・庚子・壬午・癸酉
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する