FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.06.30(08:00) 308

**戦国大名・北条一族

**北条氏邦(氏康四男)

   母は瑞溪院殿とされている。 生年は諸説あり、凡そ天文十年、十二年説などがある。 何れも後世の史料に拠るもので確定できない。 北条家の系図では天文十年生まれとしてあるのでこれを採用しよう。
  幼名は乙千代。 武蔵花園城(埼玉寄居町)を本拠とする他国衆藤田泰邦の婿養子となって、その家督を継承する。
  泰邦は、弘治元年(1555)9月に死去している。子には娘大福御前と嫡子梅王丸があったが、梅王丸は早世したという。 その為氏邦は、嫡女大福御前の婿となって家督を継承したとみられる。  時期については明確ではないが、永禄元年(1558)以前と見られ、その支配領域は藤田領と称された。   家臣秩父衆に対し本領を安堵する判物を発給しているのが史料上の初見で、時に二十一歳である。
  この間に元服したとみられ、実名氏邦を名乗った。  これは養父泰邦の「邦」に、北条氏の通字「氏」を冠したものである。 実名が確認されるのと同時に、朱印状の発給も確認される。
 名字は、初めは藤田名字を称した。  同名字は天正十年まで確認され、以降は北条名字を称しているから、その間に北条名字に復した事が知られる。 仮名は慎太郎を称した。 現在のところその初見は、永禄十二年まで確認され、受領名安房守を称しており、その間に改称したことが知れれる。 受領名安房守は、上野を本国とした山之内上杉氏歴代のものであり、氏邦は北条氏の上野支配を中心的に担った来たので、氏邦による同受領は、その政治的地位の継承を表明するものと見られている。

**氏邦の動向と上野支配

    氏邦は、永禄十一年(1568)12月までに、鉢形城(埼玉・寄居町)を再興して、本拠を移している。 ちょうど甲斐武田氏との抗争が展開され始めた時期にあたるから、これはそれへの対抗と見られる。以後、支配領域は鉢形領と称され、氏邦も在所名から「鉢形」とも称されている。 その後、甲相同盟に伴う「国分」の結果として、武蔵御嶽領が武田氏から北条氏に割譲されると、氏邦は同領を与えられて鉢形領に併合している。

   氏邦も他国衆に対する指南を多く勤めている。 武蔵の深谷上杉氏、上野の新田由良氏・館林長尾氏・小泉富岡氏・国峰小幡氏・安中氏・和田氏・白井長尾氏・不動山河田氏・深沢阿久沢氏などが確認される。
  とりわけ上野に集中しており、氏邦の主要な役割が上野に置かれていた事が解る。

   北条氏は、天正六年(1578)の越後御舘の乱で上杉方の沼田城を攻略しており、同城は氏邦に与えられ、家臣の家老富永能登守助盛、その後、重臣用土新六郎が城代として置かれている。
その後、滝川一益没落後、再び上野で支配領域を獲得する。 具体的には、国衆箕輪長野氏の支配領域に系譜をひき、武田氏、滝川氏に継承された西上野の箕輪領と、武田氏滅亡に伴って没落した西上野の三ツ山城(藤岡市)を本拠としていた国衆長井政実の支配領域を中心としたものであった。
北条氏邦系図
氏邦・氏照系図
北条氏邦・朱印
DSCN5934.jpg

次回へ

令和二年・庚子・癸未・甲辰   
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<戦国北条氏・五代 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する