FC2ブログ

タイトル画像

戦国北条氏・五代

2020.07.30(08:00) 314

**戦国大名・北条一族

**関東制覇を目前に北条氏滅亡


   秀吉は、氏直が当主であったものの、家康の娘婿である事から助命し、代わりに最高実力者の父氏政、御一家衆を代表して氏照、家臣を代表して松田憲秀・大道寺政繁を切腹させることで、帳尻を合わせた。

  その後、小田原城の接収が開始され、家康の軍勢が入場し、家康自身も入城した。 この後、北条領国は家康に継承されることになった。  氏政が家康の陣所に移り、氏政の助命も嘆願されたが、実現されず、氏政・氏照は切腹を遂げた。

   助命された氏直は、高野山に追放される事が決まり、戦国大名北条氏は滅亡を遂げた。  そしてそれは同時に、羽柴秀吉による天下統一の完成でもあった。 北条氏は、初代宗瑞が戦国の幕開けに相応しく登場してきたのに対応する様に、最後は戦国の幕引きに合わせて、その歴史を閉じることになった。 いわば北条氏は、戦国時代の幕開けと幕引きの両方に密接に関わっていたのであり、また戦国時代を象徴する戦国大名であったと言えよう。

  高野山に追放となった氏直は、天正十九年(1591)、舅の家康らを通じて秀吉への身上の取り成しをを求め,赦免がなされ、大阪への移住を命ぜられた。  そして、大阪城に出仕し、秀吉に拝謁して、正式に秀吉から赦免され、あわせて知行一万石を拝領した。
 氏直は、ここに秀吉の旗本家臣として再出発を果たしのである。  拝謁の際には、翌年に予定されている朝鮮への従軍を命じられている。  しかし、氏直はその後疱瘡を患い、そのまま回復する事無く死去した。享年30歳。  嗣子が無かったため、叔父氏規の嫡子氏盛による家名相続が認められた。
五代氏直代

戦国大名北条氏五代終わり

     ● 最後まで愛読いただき有難う御座います。 昨年暮れにスタートしました、今回のテーマ「戦国大名北条氏・五代」は、もう少しスピーディーな展開でレポートする予定でしたが、種々・色々のエピソードはなかなか捨てがたく、中々まとまりのない展開で、長くなりました。 北条氏は徳川氏との関係で家名は存続しました事は、最終回でレポートしました。
 次回からは、「戦国大名北条氏」が拠点とした小田原城は秀吉によって無血開城しました。 城は無傷で残ったのです。 
 そこで、その辺りのレポートを予定(8月)しています。

令和二年・庚子・甲申・甲戌
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


歴史雑学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<近世都市への転換 | ホームへ | 戦国北条氏・五代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する