FC2ブログ

タイトル画像

近世都市への転換

2020.08.10(08:00) 316

**小田原藩

**大久保氏による領内経営

   戦禍に見舞われた小田原の城付領のうち、酒匂川左岸地域に検地が実施される。 家康が関東各地で実施した徳川系検地の一環として、忠世の家臣が検地奉行となって行われた。
  この検地は秀吉の太閤検地とは違う特色が見られる。  それまでは、大規模な経営を行う複数の百姓の住む荘・郷が、核となる百姓経営毎に村切りされ、各村ごとに一人の名主(庄屋)が置かれるようになった。  名主の呼称は後北条時代から見られるが、荘・郷単位の年貢を請け負うような大庄屋は廃止され、一村の年貢請負に責任を持つ近世的な名主村請制が採用された。 後北条氏の家臣のうち在地性の強い地侍層は、これを機に土着し土豪百姓として名主となったものも多い。
 一言で村請制といっても、戦国期と近世とでは本質が全く異なる。 また、検地帳にはそれまでの貫高に代えて石高表記が使われ、田畑の名請けがなされたように兵農分離も一定程度進められたが、隷属関係を示す分付記載や門屋も少なからず見られた。そうした隷属関係がこの地方から完全に見受けられなくなるのは約100年の時間を要することになる。

   さて、小田原城下の支配は当初、家康配下の加々爪政尚や江戸の町奉行と小田原の「地奉行」を兼務する板倉勝重が管轄しており、城付領村からの年貢米徴収など蔵米管理は徳川直轄地同様に代官頭伊那忠次が担当していた・。しかし、それも文禄元年(1592)頃から忠世の重臣(家老)へ順次引き継がれていく。 それと合わせて、大口(南足柄市)の土手普請など足柄平野を流れる酒匂川の治水事業にも着手したと考えられている。

   家康のもと戦国時代を生き抜いた忠世は小田原で没し、自ら開基となった大久寺に葬られた。 忠世亡き後、遺領を継いだ忠隣の代にも酒匂川の治水事業は継続された。それまで暴れ川であった酒匂川の本流を足柄平野の中央部に固定する為、班目村(南足柄市)から延びる大口土手を完成させた。 この、土手普請と並行して新川(酒匂堤)の開削も進められた。 金手村(大井町)から酒匂川本流の水を分けて、酒匂川東部の十三ヵ村を潤す用水路である。

   ところで、小田原の城主(藩主)の居所は二の丸屋形でであり、本丸御殿は徳川将軍家の陣所であった。
  文禄の役(朝鮮出兵)に際して江戸を出発した家康は、途中小田原に着陣、肥前名護屋に向かい、翌年の帰路でも小田原城本丸に入城している。  石田三成方との決戦(関ケ原合戦)に向かうに際しても家康は、小田原に着陣し、西上していく。 この時は、秀忠に従軍し上田城真田攻めに加わった忠隣に嫡男忠常が小田原城で家康を出迎えている。 すべからく小田原城本丸は徳川氏の本陣として機能しており、その性格は江戸期を通じて変わらない。
小田原城・早川口付近
早川口
旧東海道・風祭付近
DSCN5502.jpg
大久保忠世菩提寺
大久保一族菩提寺

次回へ

令和二年・庚子・乙酉・乙酉
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<近世都市への転換 | ホームへ | 近世都市への転換>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する