FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉北条氏

2017.02.13(15:27) 36

**長期安定政権へ

*執権・北条泰時誕生

義時の死の知らせは早馬にて京都に知らせるべく立った。 三日目には京着して、六波羅探題だった嫡男泰時(yasutoki)、弟時房(tokifusa)に次第を通報した。
翌日丑の刻(午前二時)に泰時は京都を出立したが、鎌倉(由比ヶ浜)に着いたのは九日目の羊ノ刻(午後二時)だった。途中、伊豆北条に立ち寄って、若干の兵を伴ったようだ。  由比ヶ浜から鎌倉泰時館までは、徒歩でも30分ほどの距離である。 それでも泰時は、その夜は由比ヶ浜で一泊している。
泰時らが宿泊したと思われる由比ヶ浜・稲瀬川付近 (鎌倉の入り口)
稲瀬川石塔

直後に、京都を立った時房も、由比ヶ浜に到着した。  また下野足利荘から泰時に呼ばれた女婿の足利義氏(yosiuji)も、由比ヶ浜に着いた。ともに若干の兵を率いていた。
翌日、時房・足利義氏と共に鎌倉に入った泰時は、ようやく自館に入った。若宮大路東側北端の泰時館の郭内には、すでに腹心の関実忠(sanetada)、尾藤景綱(kagetuna)の宅があったが、さらに平盛綱(morituna)、安東光成(mitunari)、万年右馬允(umanojiyou)、南条時員(tokikazu)等の郎党も、召し出されていた。

泰時館に入った泰時に尼将軍・北条政子は 「早く家督を継ぎて、執権たるべし」 と命じたが、泰時は時期尚早として大江広元に相談をかけている。 泰時は自分が家督と執権職とを継承することに、かなりのためらいがあったのである。

*伊賀氏ノ変

いずれにしても泰時は、義時後妻伊賀ノ方の陰謀を察知していたのです。 彼女は実家の兄弟伊賀光宗(mitumune)・朝行(tomoyuki)・光重(mitusige)等と図り、所生の子政村(masamura)を北条氏の家督と執権にたて、さらに女婿の一条実雅(sanemasa)を将軍に擁立しようとしたらしい。
その伊賀ノ方が尤も頼みにしたのは、政村の烏帽子親の三浦政村(masamura)の兵だった。

それからの約1か月間、鎌倉中は不気味に鎮まりかえっていた。 伊賀氏三兄弟や政村が西御門の三浦館を訪れたり、岐れ道の故義時館で伊賀ノ方を中心に兄弟が密談したりしており、伊賀光宗館の周辺を武装した兵が徘徊するようなことがあり、緊張感は増していた。
西御門・三浦館付近 (鎌倉市・西御門)
西御門

こうした中、尼種軍・北条政子が介入した。・・・・・深夜、女官一人を伴って三浦館を訪れ、義村を説得して三浦党を陰謀の与党から外したのです。まさに鮮やかでした。   頼みにしていた三浦党に逃げられては、伊賀方も手の出しようが無かった。
三浦館を訪れた政子は、数日後に追いうちの一手をはなった。 三浦義村、小山朝政(tomomasa)、結城朝光(tomomitu)など宿老諸将を泰時館に呼び集め、幼い将軍頼経(yoritune)を抱いて現れるて、泰時の執権就任を認めさせた。
これで、事は決した。それからひと月余りの間、伊賀方の抵抗が続いたが、所詮勝敗は決していた。

やがて将軍に擬せられていた一条実雅は、京都に追却され、次いで越前に配流となり、当所で死亡した。
問題は、北条政村(masamura)の処置でした。  泰時に代わって家督と執権とに擬せられたのですから、処置は厳しいものになる筈であったが、案に相違して咎め無しの処分であった。
三浦義村が政村をかばって 「政村殿、まったく逆心なきか」 と弁護したという。・・・・・いずれにしても、伊賀ノ方事件は終わった。
その事件の結果、いくつかの事が明らかになった。 うちの1点は、頼朝後室の尼将軍・北条政子が、大きな権威となっていたという事、更に重大なのは、泰時の地位が、決して強固ではなかった事です。

時政、義時と続いてきたので、執権職は北条氏の家督が就任するものと、世人も認めるようにはなっていた しかし北条氏の家督が嫡男泰時だとまでは、受け取られてはいなかったのです。 政子に執権就任を命ぜられた時、泰時自身にためらいがあったことは先述したとうりである。

*義時遺領の配分

義時遺領は粗方、兄弟姉妹に配分された、惣領の泰時は殆ど相続しなかった。 不審に思った政子も心配したが、泰時は、泰時なりに計算があった。  遺領配分を弟・妹たちに多くしたのは、弟・妹にゴマをすらねばならなかったほど、泰時の立場が弱かったからだと思われ、その様な配分になったのでしょう・・・。 次回に続く

丁酉・癸卯・辛未
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


興隆と滅亡 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉北条氏 | ホームへ | 鎌倉北条氏>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する