FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉北条氏

2017.04.28(08:31) 54

**強権の代償

**滅亡への道

北条貞時政権は、北条氏本家主導の総与党体制で政権運営にあたろうとしました。  この政権は、得宗貞時に比肩しうる実力者がいないため、北条氏本家の家長である得宗の力がもっとも強くなった時期と考えられています。しかし、全体的にみると北条氏の巨大化や都市鎌倉の繁栄は進みましたが、幕府を支える御家人の疲弊も並行して進んでいました。
鎌倉幕府が衰弱していった理由は、いくつかあります。  その第一は、在国していた中小規模の領主の経済的な疲弊です。 鎌倉中期に本格化した年貢代銭納の進展がその大きな要因となったようだ。
平安時代には米・絹・雑物・特産品が年貢として設定されていたが、鎌倉中期には米・特産品以外の物の銭納化が進んだ事、納入地で必要な員数が揃っている事が求められたので、国衙領(kokugariyou)や荘園で生産される物資の流通と租税の納入が切り離されたことです。
その結果、大都市や地方都市とその周辺の市、湊、川津での年貢の売買が盛んにおこなわれ、生産の増大を目指していた荘園の経営から生産と市場での売買の双方に巧みな領地の経営が求められるようになっていきました。これは、荘園の年貢を受け取る側から見れば、米の価格が上がれば銭の価値が下がる相殺の関係が成立しているので、米・銭を共に年貢として受け入れる事で年貢総額の平準化がなされています。
大規模な領主であれば、どこかの荘園で銭の相場が高くても、他の荘園で安ければ、全体で相殺することが出来ます。 しかし、中小の御家人はそうはゆきません銭の相場の変動による損失を全面的に被る危険性があります。 これが、鎌倉中期以降に中小御家人が没落する大きな要因の一つとなっていくのです。

**対元戦争の負担

元との講和が成されていない為、戦時体制を解けませんでした。  そのため、元寇の経費に見合う恩賞が与えられていない上に、異国警固の番役は継続されるため、御家人の負担は増すことになる。 

御家人の経済力の格差を拡大する貨幣経済への移行、対元戦争の軍事負担の継続、気候変動による生産力の不安定化は、元寇後の鎌倉幕府が抱えた大きな課題となっていくのです。  


一方で、北条氏は巨大化を続けました。北条氏が全国に持つ領地から送られてくる年貢を管理する事は大きなビジネスチャンスであり、一族を拡大して行ったり、資産を留保する有力な被官が生まれました。鎌倉幕府の御家人と北条氏の被官を兼務することによって領地を増やしていく人々も現れました。  また、御家人の身分を持たなくても北条氏の被官となることは出来たので、北条氏は商業や流通に通じた有能な人材を登用することが出来ました。

鎌倉幕府は御家人制を堅持しょうとして時代遅れの組織となって行きましたが、北条氏は時代の変化に合わせて成長し、繫栄を続けたのです。
当時の雰囲気を残す・朝夷奈切通し・三景
DSCN2329.jpg
DSCN2328.jpg
朝夷奈・切通し
次回に続く

丁酉・乙巳・乙酉
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


興隆と滅亡 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉北条氏 | ホームへ | 鎌倉北条氏>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する