FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉北条氏

2017.05.10(06:01) 57

**南北朝動乱

**気付いた御家人たち

鎌倉幕府の変質に御家人たちが気付いた時、鎌倉幕府、そして特権的支配層に明日は無かったのです・・・・・。  
鎌倉幕府は、平安期におよそ三百年にわたり、殺し合い、潰し合いを繰り返しながら成長してきた東国の武士たちが、大同団結を果たすことによって作り上げた我が国最初の本格的な武家の政権でありました。

結集した東国武士団の軍事力を原動力に、鎌倉幕府は王朝と戦い、王朝から領域と諸権限を次第に奪取し、承久三年(1221)の戦いに勝利し、王朝を圧倒しました。

ところが、命を懸けて鎌倉幕府を作り・育て・守った東国武士たちの子孫である鎌倉後期の御家人の大半は、幕府の変質、特権的支配層の幕府支配によって、政権中枢から排除されてしまう。  その一方で、鎌倉番役・京都大番役・異国警固番役や各種の造営事業などの軍事的・経済的負担はかれらに課せられ続けたのです。

加えて、西国を統治すべき王朝は、承久の乱の敗北により鎌倉時代を通じて統治能力を急激に衰退させていきました。 これは王朝によって処理されるべき西国の問題に対し、王朝側が幕府の介入を要請する結果をもたらした。
「武家政権」 「東国政権」 という鎌倉幕府の本質からすれば、西国の問題は本来係る必要のない、重要度の低い事でありました。  一般に幕府が将来の皇位継承問題に介入したとされる「文保の御和談」も、幕府が争う両皇統に「話し合い」を呼びかけたにすぎません。  しかしながら、後期鎌倉幕府政権は西国の諸問題に振り回され、その解決のために御家人への動員を繰り返す事となったのです。  「軍事権門」という、もう一つの側面こそ鎌倉幕府が西国の問題に介入せざるを得なかった要因である。

鎌倉幕府は、体力的には東国の地方政権以上のものではありませんでした。  にもかかわらず、国家の治安を一手に引き受ける軍事権門として自己を規定してしまった為、能力を超えて対蒙古戦争を含めた西国の問題に介入せざるを得なかった。 現実としては東国政権にすぎなかった鎌倉幕府自身が、言わば身の程知らずの権門体制論者であったのかも知れない

源平合戦は、東国に於いて平安後期以来の抗争の結果、所領分割の行き詰った武家社会において、各武士団間に合ったそれまでの秩序を一旦ご破算とし、新たな秩序を構築するための、極端ではあるが「一斉殺し合い」であったと言うことが出来る。 すなわち、源平合戦期の武士団は、頼朝に味方するか、戦うかの選択を迫られ、その結果、勝者が敗者の遺産を総取りにして再分割し、それ以上の戦いを停止するために構築されたものこそ、幕府=御家人制という秩序であった。

だが、百五十年余年の歴史を経た結果、鎌倉幕府・御家人制は内外に大きな矛盾を抱え込んでしまう。  武士階級そのものを御家人と非御家人に分裂させてしまった上に、御家人内部では支配層と被支配層の分裂をもたらす。  結果、特に西国では「無足」と呼ばれる没落御家人が発生し、東国の御家人たちは幕府が西国の諸問題に対応するために、充分な見返り(御恩)を与えられぬまま、軍事的・経済的な負担(奉公)のみを強いられる。

鎌倉幕府を滅ぼした元弘の乱に事実上始まる南北朝の動乱は、武士たちにとっては新しい武家社会の秩序を構築するための、二度目の、熾烈な戦いであった。
無敵であった鎌倉幕府は、元弘三年(1333)五月、東日本を中心とする武士の総攻撃を受け滅亡したのである。

北条高時と共に東勝寺に自刃した主な人物は、北条氏では金沢貞顕(sadaaki)、常葉範貞(norisada),大仏家時(ietoki)。 外様に安達時顕(tokiaki)。  御内人に長崎円喜(enki)、諏訪直性(jikisiyou)。  幕府滅亡は、北条氏の滅亡ではなく、特権支配層の滅亡であったと考える。・・・・・  終り


*永らく愛読いただき有難うございました。     鎌倉北条氏の鎌倉幕府支配から滅亡までを、専門歴史書をレポートしながら自分の解釈を加えました。・・・・・・次回~の予定   「吾妻鑑」のレポートを考えています、金沢北条氏編纂と云われる鎌倉幕府の歴史書です。
「吾妻鑑」通読教本・・・・建久六年~正治元年条
DSCN3001.jpg

建久五年正月八日・安達盛長邸(甘縄)を訪問。  九日、御弓始の射手順が記される。

DSCN3002.jpg
鎌倉北条氏・系図
DSCN3004.jpg

丁酉・丙午・丁酉
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


興隆と滅亡 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<*「吾妻鑑」* | ホームへ | 鎌倉北条氏>>
コメント
>無敵であった鎌倉幕府は、元弘三年(1333)五月、東日本を中心とする武士の総攻撃を受け滅亡したのである。

〇記事配信、ありがとうございました。
 東国武家政権の成立、鎌倉幕府の強さともろさ、北条家の見事な権力奪取、実に分かりやすく描かれていた、と思います。
 また、関係する史跡の写真も興味深いものでした。
 草々
【2017/05/12 10:49】 | ささげくん #- | [edit]
> >無敵であった鎌倉幕府は、元弘三年(1333)五月、東日本を中心とする武士の総攻撃を受け滅亡したのである。
>
> 〇記事配信、ありがとうございました。
>  東国武家政権の成立、鎌倉幕府の強さともろさ、北条家の見事な権力奪取、実に分かりやすく描かれていた、と思います。
>  また、関係する史跡の写真も興味深いものでした。
>  草々
ささげくん 様

> ご愛読ありがとうございます。 これからも応援よろしくお願いします。・・・・
> 次回から、「吾妻鑑」に挑戦します。  ご愛読お願いします。
> それから、新しい御試み、楽しみにして居ます。
  返信が遅れまして失礼しました。
   mituuroko
【2017/05/14 16:53】 | mituuroko2 #CTgN.EpU | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する