FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府五代執権・北条時頼

2017.06.19(06:54) 67

**政治の表舞台へ

*頼経の発病

寛元二年(1244)、九条頼嗣(yoritugu)・(鎌倉幕府、五代将軍)の将軍就任に伴い、経時と時頼も頼嗣の周辺で活動する様になった。  京都から将軍任命の宣旨が鎌倉に届き、経時が御所に持参した。  しかし、経時に対面してこれを受け取ったのは前将軍の頼経(yoritune)であった。   (吾妻鑑)

将軍辞任後も、頼経は 「大殿」 という尊称で呼ばれ自由に活動していた様だ。  依然として求心力を持つ人物として健在であった。   この年に、頼経に近い三浦光村(mitumura)と千葉秀胤(hidetane)が新たに評定衆に加えられたのは、反執権派の巻き返しと思われる。

これに対して、経時の次の手は、将軍頼嗣に自らの妹を嫁入りさせることであった。  寛元三年(1245)7月、「檜皮姫」(hiwadahime)は、供の武士たちに護られながら頼嗣の御所へ入った。  檜皮姫は十六歳、頼嗣はまだ、七歳であった。  この日は暦の上では縁起の良くない日和であったが、あえて強行した。      (吾妻鑑)
経時が、余計な妨害が入らないうちにと、この計画を急いだ事が覗える。  この結婚によって、北条氏は頼嗣の外戚となり、現状の将軍後見役という立場を獲得したのです。

経時が、檜皮姫の嫁入りを急いだ理由の一つには、自分の体の不調、という事もあったかも知れません。  この前後、経時は再三体調を崩している。 「黄疸」 を発症した記録も残る。    (吾妻鑑)
経時は、病床で妹の嫁入りの成り行きを案じていたという事になる。  この様な病状が危険な状態だという情報が京都にも伝わっていた。

この間、時頼はこれといって目立った活動をしていない。  経時を気遣いながらも、自らに与えられた仕事を丹念に勤めていた様だ。  唯一注目されるのは、由比ヶ浜に建てられた八幡宮の大鳥居を検分した事。  八幡宮の浜の大鳥居は、鎌倉の出入り口を象徴する重要なランドマークであり、その検分役は執権経時がふさわしいが、病み上がりという事で時頼が名代となって勤めている。   (吾妻鑑)
鶴岡八幡宮・一の鳥居 (鎌倉市・由比ヶ浜)
DSCN2886.jpg
鶴岡八幡宮・当初の一の鳥居跡  (鎌倉市・由比ヶ浜)一の鳥居跡

体調が思わしくない経時が、自分に万一の事があった場合には、実直で信頼できる弟・時頼に後を託したいと、意識し始めた事を示したものであろう。   なお翌寛元四年(1246)正月、前将軍と将軍の親子が時頼邸を訪問しているが、 これは経時の代役というわけではない。

同年三月、経時は深刻な病状に陥り、治療や死後の冥福を祈る 「逆修」 の仏事などが行われた。  また経時邸で 「神秘の御沙汰」 と呼ばれる重大な秘密会議が開かれた。       (吾妻鑑)

*逆修・・・・生前にあらかじめ死後の冥福を祈って仏事を行う事。

*神秘の御沙汰・・・・北条氏嫡流の当主である得宗の私邸で開かれた秘密会議。 一門の主だった者など、少人数で行われ、やがて幕府の重要な政策決定機関としtの寄合となっていった。

この会議は、のちには 「寄合」 とも呼ばれ、得宗とその周辺のごく身近な人々によって構成される私的な会合でありながら、実質的には幕府の最高意思決定機関となる会議で、この時初めて史料上に姿を現したのである。

会議の結果、執権の職が経時から時頼に譲られることになった。  この人事は、経時の命が明日をも知れぬ状態であるうえ、経時の二人の息子が幼少である事から、様々な混乱を防ぐため、将軍頼嗣の御命令という形をとって行われたが、実際には経時の意思によるものという。  (吾妻鑑)

だが、上記 「吾妻鑑」 の記述に、幼少の将軍の命令で執権交代が混乱なく治まった様に記されたり、経時の意見が優先したような記述があるが、どうも不自然さが気になる。  そもそもこの重大事が秘密会議で決定されたことから、執権交替に何か裏があったような疑問が残る。

さらに、頼経らと連携するような動きを見せた経時の行動を阻止するために、強引に経時を引退させて自ら執権の座に就いたという説もある。 しかしながら、この時点の時頼は強力な指導力を発揮できるような立場にはなく、少なくとも執権交代を自らが主導したとは考えにくい。  時頼は秘密会議の決定に同意し、執権時頼が誕生したのである。   時頼20歳。    次回に続く

丁酉・丁未・丁丑
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


政治家・仏教者 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<鎌倉幕府五代執権・北条時頼 | ホームへ | 鎌倉幕府五代執権・北条時頼>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する