FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府五代執権・北条時頼

2017.09.16(06:40) 89

**臨終往生

**絵巻に見る時頼往生

「業鏡」 は生前の行いを映し出す鏡、「担然」 は広々としている様子の事。
実は、この遺言は時頼のオリジナルではなく、宋の禅僧・笑翁妙湛(miyoutan)の遺言の「七十二年」 の語を「三十七年」 に変えたものであった。  時頼は笑翁の遺言を借りて、自己の心境を現わしたのである、これは勉強熱心な時頼らしい引用と思う。

ところで、鎌倉後期成立とされる「法然上人絵伝」 には「吾妻鑑」とは少し異なる時頼往生の場面が描かれている。  この場面は得宗被官・諏訪入道蓮仏(renbutu)が、法然の孫弟子にあたる敬西房信瑞(sinzui)に宛てた書状に基づくという。 時頼が阿弥陀如来の画像を架けその前で合掌して往生したという点では「吾妻鑑」と異なるものの、袈裟を付け椅子に座して禅僧風の往生をしたという事は「法然上人絵伝」でも前提となっており、内容は同様と考える。  時頼の信仰の多様性から考えて、禅宗に帰依しつつも往生の際に阿弥陀仏の画像を架けても不思議はないとする。
北条時頼公・墓所  鎌倉明月院内   (鎌倉市・山之内)  最明寺跡
北条時頼墓

事実として時頼往生の姿がどうであったかは確定することは出来ない。「絵伝」 の絵も、後世の想像図ではある。ただ、既に見たように、時頼の信仰にも阿弥陀信仰は含まれており、あり得ない事ではない。

**御家人たちの出家

「吾妻鑑」による、時頼往生時の、周囲の反応が記されている。  まず、北条(名越)時章(tokiaki)・安達頼景(yorikage)・武藤景頼(kageyori)・二階堂行氏(yukiuji)・安達時盛(tokimori)らは、悲しみのあまり出家した。  その他出家する御家人は数知れず、みな出勤停止の処分を受けた。

「吾妻鑑」 は幕府の公的な歴史書であるから、多少の誇張はあるかもしれないが、御家人たちが競って出家しようとした事は事実であろう。  ただ、純粋に故人の死を哀しむ気持ちに加えて、得宗政権への忠誠を表明しようとする政治的思惑が潜んでいた可能性も否定できない。

**葬儀と追悼

時頼の葬儀が行われた後、「時頼の死去により御家人が出家しないように命令が下っていたが、命令に背いて出家する者が多く有るという。  出家した御家人を調べて報告するように」 という幕府の命令が、諸国の守護に出されている。   (吾妻鑑)

時頼の死を悼む動きが、諸国の御家人たちの間に広がっていた事が解る。 生真面目で勤勉で少々煙たい存在ではあったが、幕府首脳部や御家人たちにとって時頼は信頼のおける人物であったようだ。

強力な庇護者を失った禅僧たちも、時頼の死を惜しんだ。  精力的な政治家にして、熱心な仏教信仰者であった時頼の死は、人々に大きな衝撃を与えたのであった。

**妻と子

時頼の妻子については既に言及した部分もあるが、少し詳しく調べてみた。   一人目の正妻は、延応元年(1239)に結婚した毛利季光(suemitu)の娘である。  季光が宝治合戦で三浦方に付いたため、離縁された。 子があったかどうかは不明。

二人目の正妻は、建長元年(1249)に結婚した北条重時(sigetoki)の娘で、時宗・宗政・女子の母親である。  この女性は時頼の死後出家して「葛西殿」(kasaidono)と呼ばれるようになり、叡尊・忍性に帰依する一方、摂津・多田荘や駿河富士郡などの領主として豊富な財力を持ち、日中貿易にも関与したらしい。  85歳で亡くなっている。 

次に子供たちと、側室について見てみよう。    
宝治二年(1248)に生まれたのが、三郎時輔(tokisuke)である。  幼名は宝寿。母は、将軍家に仕えた讃岐の局という側室の女性で、時輔の死後は出家して「妙音」 と名乗った。  時輔は、文永三年より六波羅探題南方を勤めるが、得宗を継いだ弟の時宗に対する謀反を疑われ、文永九年に誅殺された。  25歳

二番目の男子が、太郎時宗、幼名・正寿である。 建長三年(1251)の生まれ、母は正妻重時の娘である。 周知のように、時頼のあと連署・執権を勤め、元寇の侵略を阻止、弘安七年(1284)に34歳で病死した。

四朗・宗政は建長五年1253)の生まれ、幼名は福寿、母は時宗と同じで、正妻の子である為、時頼によって時輔より上位に位置付けられた。 小侍所別当、評定衆、引付頭人、筑後守護、長門守護などを勤めた。 また文永の役に参戦、負傷している。29歳病死

以下、 五郎宗時・六郎政頼、七郎宗頼、系図類に見える人物で「吾妻鑑」等の史料には登場しない。  時厳(jigon)は僧侶

以上、五代執権・北条時頼編 25回分まで進みました、・・・・終りです。ご愛読ありがとうございました。

丁酉・庚戊・丙午
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


政治家・仏教者 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
<<鎌倉幕府八代執権・北条時宗 | ホームへ | 鎌倉幕府五代執権・北条時頼>>
コメント
>二番目の男子が、太郎時宗、幼名・正寿である。 建長三年(1251)の生まれ、母は正妻重時の娘である。 周知のように、時頼のあと連署・執権を勤め、元寇の侵略を阻止、弘安七年(1284)に34歳で病死した。

〇いつも記事配信、ありがとうございます。
 精力的な政治家にして、熱心な仏教信仰者であった時頼、その父の子が有名な時宗。続報期待しております。
 草々 
【2017/09/17 07:29】 | レインボー(ささげくん) #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する