FC2ブログ

タイトル画像

名執権・北条泰時

2016.10.26(19:16) 9

将軍御所の移転

大倉の御所、三度火災に遭いその都度再建されたものだが、手狭になっていたようです。 また、この御所では上総介広常・一条忠頼・安田義資など、ここで殺害されたものも多い。頼朝以来の武将も多く亡くなり、代替わりし、鎌倉自体が武家の都として、大きく発展していたのです。

大蔵幕府跡旧跡・石塔
大倉幕府跡石塔

移転した新御所(宇津宮辻子)に於いて、幕閣の重臣11人を評定衆に指名し、史上初めての評定衆会議を開いた。

*評定衆11人・・・・・中原師員・三浦義村・二階堂行村・中条家長・三善康俊・二階堂行盛・三善倫重・後藤基綱・ 三善康連・佐藤業時・斎藤長定。

先に、叔父・時房を連署(rensiyo)にして、両執権制という双頭政治を開いた泰時だが、重要幕政に合議制を取り入れると同時に重臣たちの協力を得られるようにしたのだ。
それからの数年間、鎌倉は平穏で、政治的にも安定していた。

関東御成敗式目51か条・・・・(武家政権の自立)

鎌倉武家政権樹立に大きな役割を果たした執権・北条義時が急逝し、承久の乱後も京・六波羅に留まり戦後処理にあたっていた泰時は鎌倉に戻り執権に就任。42歳
新執権に就任した泰時は式目制定の準備 (明法動の目安に目を通す等)をし、また承久の乱後、激増する訴訟に対して円滑にかつ公平に裁決を下せるように、その準拠となる法典の成文化の必要性を強く認識し、その制定が急がれた。
新しく新補地頭が広く設置され幕府の勢力が伸展し、その支配領域が拡大するに伴って、各地に公家と武士、もしくは御家人同志による所領紛争が激増している。
これらの紛争を円滑かつ公平な裁許を下すためには、判決の基準となる法律の成文化が必要とされ、全国政権としての武家政権にとっても、政分法の制定が強く求められたのである。

問注所跡・旧跡石塔 (鎌倉・御成町)
問注所石塔

裁許橋 (佐助川)・(問注所付近)(御成町)
裁許橋

執権就任から八年後の貞永元年(1232)、泰時は「貞永式目」の起草を太田康連(yasutura)等に命じ、式目制定に着手した。
着手以来、八十日余りで鎌倉幕府の基本法である「貞永式目」は完成されたのです。短時間での完成である。  また式目の末尾に理非の判断については、ただ道理の押すところを思いのままに申し立てること、評定における決定は、全員の連帯責任と、神仏に誓っている。   「吾妻鑑」

日本最初の武家法である貞永式目が制定・公布されたが、この式目を幕府はどの様に位置付けたのであろうか・・・。 この日以降の裁許には、必ずこの式目が運用されるよう定められた事が知られる。    「吾妻鑑」
式目は、決して律令格式(公家法)がいささかも影響を受けるものではなく、式目が公家法と明確に区別されるべき事を強く主張している。
泰時が六波羅探題として京都赴任中の弟・重時への書状の中で、朝廷・公家社会を強く意識していた事が伺える。  式目の制定は武家法の公家法からの独立を意味するものであろう。
次回に続く

丙申・己亥・乙酉
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


鎌倉北条氏 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<名執権・北条泰時 | ホームへ | 名執権・北条泰時>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する