FC2ブログ

タイトル画像

鎌倉幕府八代執権北条時宗

2017.10.06(06:59) 94

**時頼から時宗へ

**時宗誕生

建長三年(1251)五月、甘縄の安達館では、再び安産の祈祷が始められた。  安達館は時頼正室の御産所だった。  安達館が御産所に選ばれたのは、時頼の生母松下禅尼の実家であったからである。  夫北条時氏(tokiuji)の死後、禅尼は実家に戻っていたのである。

五月十四日。申ノ刻(午後三時~五時)、俄かに正室は産気づいたのである。 医師の丹波時長(tokinaga)、陰陽師の主殿助(tonomonosuke)泰房、驗者(kenza)の清尊僧都(souzu)等がすでに控えていた。
そして酉ノ刻に入ったが生まれる気配はなかった。  酉ノ刻が終わるころ法印隆弁(riyuuben)が入り、加持を始めた。  その功徳は明らかだった。  すぐに正室は、若君を生みました。    (吾妻鑑)


*驗者・・・・修験者、加持・祈祷を行う者

*法印隆弁・・・・鎌倉中期、天台宗寺門派の僧侶

安達館の内外で、喜悦の声が上がった。 正室の実父重時(sigetoki)をはじめ、幕府の重臣や得宗被官の主だった面々が、皆集まってきていたのである。  鎌倉中が期待している中で、やがて北条時宗となる赤子が生まれた。 幼名・正寿丸と名付けられた。
現在、鎌倉の甘縄神明社の境内に、「時宗・産湯の井」 がある。   甘縄の安達館は、同社の隣に位置していたと思われる。

**帝王学

得宗専制という幕府体制の下では、出家していようがいまいが、とにかく時頼は帝王だったのである。  北条得宗家は、代々、執権を出す事になっている家系、 つまり、執権家だから、将軍になることは出来ない。 しかし政治権力の上では、将軍を凌ぐ力を持っていたのである。 そして今、その執権という地位には、得宗家ではない極楽寺流という傍系の長時(nagatoki)が、臨時に中継ぎ役として在任している。  やがて時頼の跡を嗣ぐ正寿丸が、その執権職をも嗣立しなければならない。
この様な事から帝王時頼は、出家した直後の康元二年(1257)初頭の頃から、次代の帝王になるはずの正寿丸に対して、帝王学の教育を始めることになる。

正寿丸に対する帝王学の教育は、反面では時利(時輔)に対する反帝王学、或は家臣学とでも言うべき教育でもあった。 兄ではあったが側室の子であった時利、正室が生んだ弟正寿丸に臣従することを、学ばなければならなかったのである。
時利も、その教育を、既に受け始めていた。
元服したとき、長男でありながら「相模三郎」 という名乗りを与えられたのは、それである。

康元二年(1257)二月、正寿丸も元服した。  場所は執権館でも北条館でもなく、将軍御所であった。 烏帽子親も一般御家人ではなく、六代将軍宗孝親王(munetaka)だった。
そして与えられた名乗りと実名は、「相模太郎時宗」 だった。 将軍宗尊親王の「宗」 が偏諱(heni)された上に、「相模の守だった時頼の太郎(正嫡・家督)」 であることが、天下に公表されたのである。

正元二年(1260)正月の将軍の御行始め行列では、時宗と時利との差は、更に開いていた。  共に将軍のすぐ後を行く十三人のうちだったが、時宗は筆頭の位置にあり、時利は十一番であった。

この頃までの時宗に対する帝王学の教育は、基本的には弓馬と学問であり、時宗に対して自分の地位の高さを自覚させるのが、中心的な狙いであったように思われる。  金沢文庫を創設する金沢実時(sanetoki)の下にあって、将軍と接触する機会の多い小侍所の所司になれば、多くの経験が積める事になる。  また実時は、時宗の政治学の師の役を与えられたのである。

弘長元年(1261)四月、時宗は十一歳で結婚した。  妻は安達泰盛(yasumori)の妹・堀内殿。 十歳であった。
泰盛・堀内殿兄妹の父安達義景は、建長五年に死亡しており、生まれて一年も経っていなかった堀内殿は、以降二十一歳も年長の兄泰盛に育てられた。 兄とは言っても、実質的に泰盛は、堀内殿の父のような存在であった。  そして、時頼の生母(時宗祖母)の松下禅尼は、泰盛の父義景の妹だった。  安達氏は二代にわたって得宗家の外戚という関係となり、安達泰盛の勢力伸張は、この頃から本格化していく。    次回へ

ススキの江の島・他二点
DSCN3303.jpg
DSCN3298.jpg
DSCN3297.jpg

丁酉・辛亥・丙寅
スポンサーサイト





鎌倉の石塔・その周辺の風景(R)


<<鎌倉幕府八代執権・北条時宗 | ホームへ | 鎌倉幕府八代執権北条時宗>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する